思った事

どちらにしても、俺はブタが嫌いだ。

『他人のルールに縛られる奴を、家畜のブタと言う。

 自分のルールを持たない奴を、快楽のブタと言う。

 …どちらにしても、俺はブタが嫌いだ。』   (高橋歩)

 

自分が何か新しいことを始める時に、まず失敗を考える人がいます。
そもそも、その失敗の代償って何?

≪他人から見た自分の姿≫
≪他人に対しての自分の存在≫
≪他人の評価≫

自分以外の人間が、自分の何を知ってるのでしょう?
自分の事は、自分しか評価できないんですよ。本当は。

他人がいくら、自分を称えてくれても
それは、あくまでその人のモノサシです。

感謝こそするけども、満足はできませんよね?

自分のモノサシで、自分が測れるようになると
誰に何を言われても別に怯えなくなります。

ただし!

そのモノサシを、常に磨いて
いつでも他人に自慢できる状態にしておかないといけません。

大切なのは、自分が凄い人間に思われる事じゃなくて、
自分で自分を評価する、その基準をきちんと持っていること。

自分に甘くなっちゃいけない。

自分の事は、自分しか評価できないけど
自分のモノサシは、他人しか評価できない。

「夢」とか、「プライド」とか、モノサシの単位は何でもいいけども
誰にでも自慢できる、自分だけのモノサシ(基準)を
常に持っていないと、薄っぺらな人間になっちゃう。

負けるのが悔しいなら、勝てばいいのよ。
誰にって? まずは自分に。

ただそれだけのコト。

関連記事

  1. 思った事

    あたりまえの事を、あたりまえに。

    所詮、全ては「あたりまえ」なんですね。あたりまえの事を、あたり…

  2. 思った事

    本当に自分を支えてくれるのは、頑張った過去の自分だけ

    若い世代と年配芸能人が討論する番組をみていたら、ゲストに永遠の…

  3. 思った事

    複数講師による合同セミナーの勘違い

    大掛かりなセミナーが多くなってきて、≪複数の講師を揃え…

  4. 思った事

    時間の前倒しを意識して、人生にゆとりを作る

    仕事のプランニングがしっかり出来ていれば、滞りなくワークも…

  5. 思った事

    他者評価よりも自己評価を求める、競争思考のない「ゆとり世代」に仕事を頼むには

    ゆとり世代、さとり世代、そんな若者が社会に出始めビジネスとして接す…

過去の記事

  1. 行ってきた

    27年前に彼女と座った公園の椅子を見に行ってきた
  2. 行ってきた

    協賛させて頂いている格闘技イベント『asiato チャリティーファイト』へ応援に…
  3. 今日の生存記録(DIARY)

    『餃子』:〝本当に旨い〟宇都宮の餃子ランキング:2018年 春場所
  4. 調べてみた

    「プロキシ スクリプトをダウンロードしています」と出て、Chromeの表示が遅く…
  5. 行ってきた

    商売繁盛で笹持ってこい!西日本で正月より盛り上がる『十日戎』に行ってきた 
PAGE TOP