思った事

ビジネスブログに日記は必要か

201106290000

最近、質問も多く頂くようになってきた
≪ビジネスブログに日記を書くか否か≫です。

コレに関しては、様々な意見があります。
マーケティングに間違いも正解もないので…。
あくまで私の考えですのでご了承を。

さて、結論から喋ります。

私のような、コンサルタント系のブログ
自分のスキルや知識を伝えるブログ
商品を紹介して販売するのが目的のブログ
お店のブランディングがメインのブログ…

これら全てに言えるのですが…
ビジネスブログでも「日記を書いてください!」

よく、
「訪問者が情報を求めてきているのに、
日常の日記なんか載せてたら、嫌がられませんか?」
そんな声も聞きます。

もちろん、それも一理あります。
正論ですし、そういった考えの訪問者がいるのも事実です。

でも、いいんです!

ブログを利用する、メリット
それは「コミュニケーションがとりやすい」ということ。

先ほどのような、日記を邪魔と感じる訪問者は
きっと「情報」が欲しいだけなんです。
コミュニケーションなんて望んでいない場合が多いです。

だって、会社や学校で仲良くなりたい!って人がいて、
その人が自分の趣味や自分の部屋の様子を話しはじめても
「君の日常なんて興味ないよ!」とは言わないでしょ?(笑)

ブログは、コミュニケーションを利用して
ビジネス展開することが可能なメディアです。

運営者であるあなたの日常日記は、どんどん書いて下さい。
その記事がコミュニケーション手段となり、
あなた自身をより深く知ってもらえるでしょう。

有意義な情報ばかりを掲載していても、
それでは「情報」のファンしか集まりません。
「あなた」のファンではありません。

「あなた」のファンが増えないかぎり
そこにビジネスチャンスは生まれません。

よく、人気ランキングにも顔を出したり
コメントも多く、訪問者数も多そうなブログでありながら
実際はキャッシュを生みたくても生めないブログがあります。

これは簡単な理由です。
そのブログの「情報」のファンしか来ないからです。

最近、トップページに1記事しか表示しない設定を
見かけるようになりました。
それって、どうなんでしょう?

仮につまらない、売り文句ばかりの記事を書いたとしたら、
その日に来た訪問者は、その記事しか目にしません。

最初のトップページに面白い記事が無ければ
およそ7割の訪問者が「次のページに進まない」
と答えた…なんて調査結果もあるそうです。

私は、1ページに3記事程度でも良いと思います。
そうすれば、1記事は日常日記でも
あと2記事のうち1記事でも訪問者を満足させられれば
それだけで定着率があがります。

1日1記事しか書かないような人は
3日に1回だけ、有意義な情報を掲載すればいいんです(笑)

そして3日に1回、自分の日常的な日記を書いて
「あなた」のファンを増やしてください。

ようは、バランスなんですけどね。

関連記事

  1. 思った事

    経営者であれば利益至上主義という考え方は≪あたりまえ≫な話。

    ちょっと厳しい話かな。だれでも、自分の労働に見合ったお金を手に…

  2. 思った事

    負の感情をコントロールして、怒りや悲しみから解放される方法

    マイナスの感情をコントロールする方法「嫌い」とか「嫌だなぁ」とか「…

  3. 思った事

    また、明日生きる

    いまは目の前にある柔らかいちいさな光優しく癒され、愛お…

  4. 思った事

    他人の力を借りてでも、合計達成率を100%にして信頼を得る

    常に100%の力で100%の成功を目指すのは悪い事ではないし、間違って…

  5. 沖縄の道

    思った事

    自分の傷と同じ大きさの優しさを相手に与える

    その昔、沖縄の知人に「沖縄の人ってなんか優しいよね」って気軽に…

  6. 思った事

    人生なんて成功への下り坂

    何を始めるにしても≪最初の一歩≫が踏み出せない人意外に多いと思いま…

過去の記事

  1. 今日の生存記録(DIARY)

    花火大会BBQのメニュー決め&試食会
  2. 今日の生存記録(DIARY)

    『もんじゃ』:さようなら(泣)何年も通い続けた、実家のような駄菓子屋さんが閉店し…
  3. 行ってきた

    商売繁盛で笹持ってこい!西日本で正月より盛り上がる『十日戎』に行ってきた 
  4. 今日の生存記録(DIARY)

    【貝殻島】:東京湾に浮かぶ、通称「船橋のニューカレドニア」で無人島バーベキューに…
  5. 行ってきた

    巨大迷宮な六本木ヒルズの妨害にもめげす『Google株式会社』に田舎者がなんとか…
PAGE TOP