思った事

ブランクタイムを、自由時間と考えるなかれ

lgf01a201411281400

最近、打合せなどで移動する際に電車の中の様子をよく観察します。

まぁ~この頃はスマホ利用率が多い事^^

iPhone、iPad、その他のスマホや携帯を含めれば8割近い人が

電車の中でいじっているんじゃないでしょうかね?

 

ちょっと興味本位で、何を見ているのかをさりげなくチェックしてみると…

圧倒的にゲームが多い。

楽しそうだなぁ~と思う反面、もったいないな~と。。。

 

「時間が無い」「時間が無い」という人に限って電車の中で漫画を読んでいたり

携帯でゲームをやっていたり。

トイレで新聞読んでいたりね。

 

「トイレの新聞は、情報収集だよ」

 

はいはい、それもわかります。

でも収集した情報を活用してます?

 

情報収集だけでしたら、ラジオ聞き流しでも十分。

WEBを活用しているのならば、

RSSで自分の欲しい情報だけ集めれば時間効率もいいですね。

 

と、今日はそんな話じゃなかった。。。

 

たとえば、14:00~15:00まで『A社』との打ち合わせがあったとします。

その後、16:00から違う『B社』で打ち合わせ。

『A社』から『B社』までの移動時間は約30分。

 

おそらく殆どの方は、両方の打合せの間にできた1時間を

≪移動時間30分≫ ≪空き時間30分≫

って考えるのではないでしょうか?

 

  14:00~15:00 『A社』
  15:00~15:30 移動時間
  15:30~16:00 空き時間
  16:00~17:00 『B社』

 

「空き時間が30分出来た!コーヒーでも飲みながらパズドラでもやるか♪」

 

これが残念。

ちょっと意識を変えてみてください。

 

1日のスケジュールには必ずブランクタイムが出来てしまいます。

ここの使い方が重要。

 

  14:00~15:00 『A社』
  15:00~16:00 ブランクタイム
  16:00~17:00 『B社』

 

考え方としては、≪ブランクタイムは、次の予定の前準備にあてる≫。

 

どういうことか…?

この場合でしたら、15:00~16:00のブランクタイムは

『B社』との打ち合わせの資料整理や、質問事項の確認に使うと効果的ですね。

 

(1)1日の予定を組む
(2)間に出来るブランクタイムを確認する
(3)そのブランクタイムを、直後の予定の準備に充てる

これだけでかなり時間の有効活用ができますよ^^

 

ブランクタイムは、電車移動しなくちゃいけない?

大丈夫。

それが移動時間であったら、電車の中で出来ることを設定すればいい。

 

スマホや携帯ならメールチェックも出来れば質問事項をメモしておくことも可能。

会社への通勤電車は、出社したらまずやる仕事の確認に。

そうすることで時間の有効活用が可能になってきますね。

 

予定と予定の間にできるブランクタイムは、「休憩時間」ではありません。

関連記事

  1. 思った事

    稼ぐ前に、使うことを考える

    あなたが生きるためには、必ず「お金」がついてまわります。…

  2. 思った事

    敵と戦わずして「無敵」になるポジショニング

    ビジネスで生き残るには、「無敵」を目指す。無敵とは書いて時のご…

  3. 思った事

    メール処理に無駄な時間を使わない

    日々の作業のうち、一番重要でありながら、一番無駄な時間…

  4. 思った事

    利益は土に染み込む水のようなもの

    利益なきビジネスは存在せず、生まれた利益は土に染み込む水のようなも…

  5. 思った事

    「不特定多数」というのは「特定個人」の集合体なんですよ

    考え方は人それぞれ。ちょっと面白いブログ記事がシェアさ…

  6. 思った事

    プロフェッショナルにおける正当な評価と正当な対価、そして100%全力の仕事

    ビジネスでお金を頂くためには、等価交換で何かを差し出す必要があ…

過去の記事

  1. 行ってきた

    協賛させて頂いている格闘技イベント『asiato チャリティーファイト』へ応援に…
  2. 調べてみた

    「プロキシ スクリプトをダウンロードしています」と出て、Chromeの表示が遅く…
  3. 今日の生存記録(DIARY)

    ネイルアート世界チャンピオンから、クリスマスプレゼントで「オリジナルのiPadケ…
  4. 行ってきた

    【春日部第一薬局】:ユニパ?ユニセル?あのダイエットで有名な漢方薬局さんへ相談に…
  5. 今日の生存記録(DIARY)

    『もんじゃ』:さようなら(泣)何年も通い続けた、実家のような駄菓子屋さんが閉店し…
PAGE TOP