相場がフィボナッチ数列に沿って動く理由

FXトレーダーの雑記

もうご存知の通り、フィボナッチとは
為替レートは高値と安値を繰り返しながらジグザグに
上下動を繰り返していく。その過去の高値と安値から
今後の為替レートの節目を予想する手法が、
「フィボナッチ・リトレースメント」です。

その計算式の元になっているのが、
中世イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ
(本名はレオナルド・ダ・ピサ)が発表した
「フィボナッチ数列です。

ーーーーーーーーーー
1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144……
と続く数列は、
: 連続する2つの数字の和がその次の数になる。
: どの数字も、一つ上位の数字で割ると0・618に近づく。
: どの数字も0・382をかけると2つ下位の数字になる。
: どの数字も、3つ上位の数字で割ると0・236に近づく。
といった性質を持っています。
ーーーーーーーーーー

この数列は植物の花びらの数や貝殻のらせん模様など、
自然界に広く存在し、また「1:1・618」という黄金比は
ピラミッドやモナリザなどにも用いられています。

そして、世界中の投資家全員が集団になって作り出す
為替の値動きもまた、自然の摂理や普遍的な審美眼に
支配されているはず。。。という考えに基づいて
値動きを予想しようとするのが、この手法。

チャートを見ていると、「半落ち(半値戻し)」や
「3分の1押し」といった動きが良く出てきます。

これは、フィボナッチ数列から導き出される
「23・6%」「38・2%」「61・8%」「76・4%」に準じます。

問題はここから。

これが迷信かどうかは一切問題では無く、
なぜフィボナッチに即して為替が動くのか?
という部分が重要。

相場と言うのは、結局の所ずべて人間の思惑の集まり。
もう少し厳しく表現すると、一般投資家の思惑を読み
そこに仕掛けを持ってくる大口の投資家の思惑により
動きづけられています。

ということは、相場の動きを担っているのは
大小共に投資家と言う人間の思惑が肝と言うこと。

そして、世界の大口投資家が一番使っている思考法が
この「フィボナッチ・リトレースメント」と
言われています。

どういうことか?

「フィボナッチ係数にそって、なぜかチャートが動く」
のではなく、
「相場を動かす力のある投資家が、
フィボナッチ係数を用いて一般投資家の思惑を察知し
そこに仕掛けを用意する」
だから、相場はフィボナッチに多大な影響を受けながら
上下を繰り返すというわけです。

:::

余談
相場は、端数の無いピッタリ数字「ラウンドナンバー」
を少し超えた辺りでトレンド転換するとよく言われます。

これも上記の考え方と似ていて
一般投資家の思考の問題。

中小の投資家がストップロスを指値で入れる時
どうしても、このラウンドナンバーを気にしてします。
ぴったりのキリが良い数字にラインを引きたがる。

ロングの損切りを、ラウンドナンバーに入れていたら
(オートじゃないにしろ、そう考えていた場合も同じ)
それを越えた辺りで損切して、逆張りを入れる事が多い。

大口投資家は、その我々一般投資家(雑魚)が
一斉にラウンドナンバー付近でトレンドの方向転換
するのを待ち構えていて、向きをある程度変えたところで
バックりと刈取りに来ます。

だから、トレンドはラウンドナンバーの辺りで転換し
逆張りをこの付近で入れると、エントリー直後に
刈り取られる。。。という訳です。

『フィボナッチやラウンドナンバーあたりで
なぜか相場は動くんだよな。。。不思議。。。』

じゃない

フィボナッチやラウンドナンバーで
投資家の思惑が動くから、相場が転換するのは
当たり前。

ということですね。

関連記事一覧