【さかい保険接骨院】:日本一予約の取れないゴッドハンドの接骨院グループで診察してもった@王子神谷

カラダが資本

あのトレーニング事故から丸2年。
未だに腰痛と肩より上に上がらない右腕に
悩まされる日々。右半身の痺れも取れない。。。

もうねぇ、このストレスたるやww

行けるところはみな行ったね。
整体、カイロ、接骨院に整形外科、リハビリ専門
祈りに、チャクラに、ヒーリング(笑)

全部、効果はあったんだと思う。
でも自分に合うか合わないかだから。
いや、改善されるかされないか、、、かな。

いま診てもらってる先生方は、
私が信頼して効果が実感出来てる方々。

でも、あと少し。。。
まだまだ旅は続くのです。

で、今回は。。。

腰痛持ちの方は、このような話を聞いたことありませんか?
腰痛や肩こりはテニスボールで治ると。

メディアでも多く取り上げられて、
3~5年先まで予約で埋まっているという
「ゴッドハンド」の異名をもつ酒井慎太郎という先生の元へ。

なぜ、そんなに予約の取れない病院に
すんなり行くことが出来たのか。。。その秘密はね。

日本一予約の取れない接骨院で、すんなり予約を取る方法

実は北区の王子神谷にある先生の診療所
「さかい保険接骨院」
実は4つの診療所の集合体から出来ています。

①「さかい保険接骨院」
②「さかい関節医学研究所」
③「さかいハイメディックシステム」
④「サカイハイメディックソリューション」

この先生の所に診療に行きたいということは
けっこうな重症の方の可能性がある。

ちょっとしたリハビリであれば、
なにも、酒井先生のところで予約を必死に取って
高い金額を支払う必要もないかもしれない。

私のように、何とか直したい!
という希望があるのでしたら、ぜひこの方法をお試しください。

その秘密は

SOEDA
『さかいハイメディックシステム』に予約を入れる。
ただ、これだけ。

 

この4つの治療院、それぞれ実は趣旨が違っていて
酒井先生がじっくり診てくれる場所から、
数回に1回、先生の回診を受けられるところ。
または酒井先生は直接診ないが、
先生が認めたお弟子さんが見てくれる診療所など。

で、この「さかいハイメディックシステム」は
酒井先生が直接指導して、その技術が認められた
優秀なお弟子さんが診てくれる。

そこで、この「さかいハイメディックシステム」に
「マンツーマンコース」で申し込む事。

これは、大勢の流れ作業では無く
しっかりと問診しながら、じっくり治療法を検証してくれる。

さらに、このハイメディックシステムのマンツーマンコースを
申し込む事で、酒井先生から直接診療してもらうチャンスも
あるという事。

つまりは、酒井先生と優秀なお弟子さんが
タッグを組んで診てくれる。
そう考えたら、これは物凄くお得なのではないか?

マンツーマンコースの内容

もちろん順番は前後する事もありますし、
症状によって多少の違いはでてくるでしょうが
おおむねこんな感じ。

(1)ウォーターベッドマッサージ
(2)3Dレーザーでの身体モデリング
(3)問診
(4)自律神経を落ち着かせる
(4)衝撃波治療(正式名称は忘れた)
(5)関節包内矯正
(7)ドライサウナ
(8)高気圧酸素カプセル

まずは、水圧で全身を温めながらのマッサージ器で
身体の緊張を解きます。

次に、レーザー光線で体をスキャンされ
3Dモデルになった身体が画面に表示されます。
それを見て体の傾斜を測定。

お、お腹が。。。

そのデータを元にして、現在の症状を問診。
ここでおおよその痛みの原因を追究します。
もしろん、丁寧に説明してくれるので安心。

ここから本格的な治療が始まります。

別室に通されてから、まず強い光を喉にあてます。
そこに自律神経が集まっているらしく
その緊張を解くという感じ。

約5分で自律神経が落ち着いてきたら
いよいよここから本日のメインイベント。
※だが、正式な治療方法の名前は忘れた。。。

本来は、尿管結石の石を
体外からの衝撃波で砕くという装置。
これを改造した、日本にも10台程度しか入っていない
最新治療マシン。(そのうち2台は酒井先生が所有とか)

これで、患部を体外から刺激し
一度筋繊維を破壊したうえで、その患部に毛細血管を創りだす。
その結果、血流を改善して治癒させる。。。という
1回聞いただけでは何がなんだか意味不明。

ダダダダダダダダ!と音はすさまじいが
別に痛さは感じない。むしろ気持ちい。
最初驚いたけどね。

でも、メジャーリーガーの大谷翔平くんや、
プロゴルファーの片山晋吾さんが採用している
2017年に日本に初導入されたという最新治療。

そのメイン治療が終わったら
すぐに身体の関節の可動域を広げるストレッチ
これで信じられない位に、身体が動くようになった。

関節をグリグリ動かしまくるのだが、
この段階では先生がすでにこちらの痛いところなどを
全て把握してくれているので、そこを避けた範囲で
グリグリ動かす。

だから、激しくストレッチされているように見えるのだが
不思議と痛くない。これはさすがだなぁ。。。と。

これで、メインの治療はほぼ終わり。
最後はドライサウナ器に入って、
65度の温風で体を温めます。

ラストは、高気圧の酸素カプセルで
全身リラックスさせて、、、終了。
(この酸素カプセルの時だけ携帯がいじれるので

写真はこの程度しかない^^;)

ここまでで、おおよそ4時間半。
(通常は3時間半~4時間で終わるらしい)

これで治療費は17000円でした。
高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれ。

私は、治療内容と時間を考えて
むしろ安い!と思いました。

再診療は予約が取りやすい

実は、一度診療を受けてしまうと
2回目以降の予約が取りやすい。

帰りのお会計時に、次の予約が入れられるのです。

しかも、またコッテリ診てもらえる
マンツーマンコースでも、
時間が無い方は1時間程度で必要な診療だけを終わらせる
ショートコースも選べます。

これで、完治まで一安心ですね。

おまけ

最後に、色々な症状にあわせて
約40冊の書籍を出している酒井先生なので
患者さんの症状に合わせた、著書を最後にプレゼントしてくれますw

私の場合は、これを頂きました。

これだけでもお得です(笑)

 

腰の痛みの原因もわかったし、
肩の痛さと腕が上がらない原因もはっきりした。
これでやっと、光が見えてくるかな?

関連記事一覧