• HOME
  • BLOG
  • 焼き鳥
  • 【焼き鳥専門 はじめ】:柔らかすぎて串に刺しておけないフンワリつくねと、希少部位「心残り」の焼き鳥をいただいた。

【焼き鳥専門 はじめ】:柔らかすぎて串に刺しておけないフンワリつくねと、希少部位「心残り」の焼き鳥をいただいた。

焼き鳥

千葉県にある「馬橋駅」から徒歩5分ほどの場所に、
絶品の焼き鳥があると友人に誘われて焼き鳥専門 はじめさんに出陣してみた。

入口を撮り忘れたので。。。後日撮影

 

お店の広さは、カウンターだけで10人位? テーブル席も4人がけが2つほど。

元々、お寿司屋さんだった店舗を居抜きで借りたというので、
清潔感に溢れているし、なにより高級感を醸し出している。

そこに、ちょっと強面の(失礼)旦那さんと、奥様が二人で切り盛りしている。

 

とにかく、焼き鳥には拘りまくっているという話を聞いていたので、
そちらは何の心配もしていなかった。

まずは、ビールとおつまみ。レバーポン酢を頼んだ。

なんだこの旨さは!
炙ったレバーを並べて、うえからポン酢をかけただけの居酒屋メニューとは一味も二味も違う。
というより、もはや別物。

じっくりを味をしみこませたレバーが、口の中でトロットロになって。これ本当に旨い!

 

一品料理が旨いってことは、もうメインの焼き鳥は旨いに決まっているでしょう。

まず最初に出てきたのがこちら。ささみわさび。
もうねぇ、フワフワなんですよ鶏肉が。

今回はレアで頂いたのですが、こちらは良く焼きでもまた違った味が楽しめます。
お好みでどちらかでもいいんですが、両方食べ比べてみても楽しいですよ。

 

そしてこちらが、ダブルメインイベントの前半戦。つくね(塩)になります。

柔らかすぎて、串にしがみついていられない。

どうやって焼くかというと、焼き台の上に網を置いて、表面を丁寧に焼き固めます。
その後、焼き台に戻してあげてじっくり火を通す。

もう、究極と言ってもいいくらいのつくねでした。

 

もちろん、野菜も半端ないんですが、中でもこのシイタケ!
炭火でホクホク&ジューシーに仕上がるしいたけは感動的ですらあります。

 

さぁ、登場しました。本日のメインイベンター「心残り」さんです。
(うますぎて、感動のあまりボケちゃってごめん)

心残りは、「つなぎ」とも呼ばれる鶏の心臓と肝臓をつなぐ大動脈にあたる部分。

一羽からおよそ4gしか取れないらしく。
1串で7~8羽の鳥が必要になるとか。そりゃ貴重すぎますわ。

昔は、小さすぎて使いにくいので捨てていた部位らしい。
<心臓(ハツ>の<残り物>ということで「心残り」というのだ。

残念ながら、通常メニューには載ってない。
そりゃそうだ、少なすぎるのだから(汗)。

だいたいは常連さんがすぐに食べてしまうので一般客にはなかなか廻らないらしい。
今回のように、希少部位の在庫含めて予約しておけば安心かもしれません。

そして、この心残り。口に入れた瞬間は鶏皮のような食感なんだが、
噛めば噛むほどプリプリの弾力の奥から、濃厚な旨みがどんどん口に広がっていく。
これも旨い!!

 

希少部位を、丁寧な仕事で串に仕上げ、 紀州備長炭のみで焼き上げる。
その途中でも、小さな焼きムラを1本1本、ハサミで切り捨てていくという
気の遠くなるような職人作業。

 

旨いのはあたりまえとして、その職人としての拘りが楽しい。

ぜひ、カウンターで仕事っぷりを酒の肴にして、
美味しいお酒を呑みながら焼き鳥を食してほしい名店ですな。

 

焼き鳥専門 はじめさん、
たいへん美味しゅう頂きました♪

お店情報