近所の居酒屋さんへ「福幸ぎんなん」をお忍びで食べに行ってきた

今日の出来事

10月の初めころに紹介した、
大規模水害からの復興を目指して栽培されている、極旨銀杏。

 

実は、近所の居酒屋さんが仕入れていると聞いて
極秘にシークレット調査。

といっても、私は関係者じゃないので
なにも極秘にする必要はないんだけどね。

あえて場所は秘密にしておきます。
こっそり行ったって事がバレたら、行きにくくなるのでw

 

こちらのお店に、ありました!「旬の塩炒りぎんなん(600円)」

 

こちらのお店は、しっかり炒るタイプですね。
でも時間がかかるし面倒なので、なかなかお店ではここまで炒ってくれません。

見た目は汚くなるけども、私的には蒸らされる時間が長くなるので
こちらの方がホクホクなると思います。

※あ、でも素揚げ銀杏は、やって頂けなかったようで残念^^

 

卸値の通販サイトで、2Lが約300gで783円。で、約80粒。
ここは一皿25粒ありました。つまり原価は391円。
売値が600円だったので、原価率34%程度。

決して安い銀杏ではないですが、おおよそ通常原価。
ということは、それでも売れると判断してもらえたわけですかね。

実際に、けっこうなテーブルにこの銀杏があったので
旬ということもありますけども、ちょっと嬉しかったw

 

育てたわけでも、販売しているわけでもないですが(笑)
なんだか誇らしかったです^^

 

復興を目指す茨城県常総市の、純国産極上ギンナン。
こちらで購入できますので、ぜひに♪

関連記事一覧