非専門店系003【コメダ珈琲】:コールスローに甘めのソースという不思議な味。

ホットドッグ

モーニングを食べるためにコメダ珈琲に行った。
もちろんホットドッグも食べますが。

まずは、「たっぷりカフェオーレ(520円)」
ブラックとかにすればいいのに、どうしても頼んでしまう。

 

そして、「ホットドッグ(450円)」が到着です。

コメダさんのホットドッグって変わってるんですよね。
コールスローに、甘辛のソースがかかってる。

ケチャップやマスタードは登場しません。
頼めばからしマヨネーズがトッピングできるくらいですかね。

 

食べやすいように斜めにカットされています。

しかし。。。

斜めが鋭利過ぎてw
最初の一口で、ソーセージまで届きません(汗)
これは逆に勉強になったなぁ。

 

断面はこんな感じ。

 

確かに、ホットドッグには違いないんですが。
なんだろうなぁ、自分的には、ソーセージにソースをかけない派だからか
すごく違和感を感じてしまった(汗)

それと、ホットドッグの野菜って歯ごたえも大事だと思うんだけど
コールスローにしちゃってるから、その触感も散漫になって。

そもそも、個人的な感想ですが
ソーセージとコールスローに、ソースがかかってる時点でちょっと違うな。。

 

ちなみに、ホットドッグシリーズには別に「チリドッグ(450円)」もある。
そちらは、コールスローではないらしい。

それでもソースかぁ^^;

個人的には、微妙でした。

関連記事一覧