自分で人生をデザインする“自由形ライフスタイル”な日常生活を、とあるアラフィフおやじが淡々と記録しているブログです。

  1. 海賊のように食べる(GOURMET)

『特製もやし味噌ラーメン』:実は北海道ではなかった幻の1号店で、2018年最後の期間限定ラーメンをたべた。【山岡家】@牛久

「北海道民のソウルフード」とまで言われるようになった
ラーメン「山岡家」。

いわゆる家系ラーメンと呼ばれる「吉村家」の亜流だとか
パクりだとか言われることが多いが、誤解があまりにも多すぎる。

まず、「家」とついてはいるが決して吉村家の系統ではない。
別に「家」がついているから全て系列という訳では無いし
それを付けたからってパクったとか違うと思うw

それに、実は北海道生まれのラーメン屋ではない。
茨城県牛久市が発祥。

その1号店がすぐ近所にあるので行ってきた。

リニューアルされているので当時の面影はないが
地元民にとっては、初代の店舗が印象深い。
地方都市にひっそりたたずむドライブインのような、そんな雰囲気だった。

でも店内には1号店を主張するこんなものも。

そして、最近はダイエットの為に控えている(?)
ラーメンを食べに出向いた理由。それは期間限定を頂くために。

山岡家のキーワードといえば「ガツンときて、クセになる」だが
そのガツンを象徴する期間限定の「G系」シリーズ。

その中でもファンが多い「特製もやし味噌」が帰ってきたのだ。
これは行かない訳にはいかない。

G系のGは「ガツン」のG。

そして、公式ページによれば
「Garlic(ガーリック)」「Ginger(生姜)」「Goma(ゴマ)」のG。

≪…なんで最後のゴマだけ日本語やねん!≫
と公式ページでも、自分で突っ込みを入れるほど強引ではありますがw
ファンが多いシリーズであります^^

熟練職人を結集し、定期的に発売される期間限定メニューを。
その2018年最後を飾る商品です。

黒マー油と特製味噌スープが濃厚のガツン系。これで870円(税込み)。

個人的には、彩りが茶色系ばかりになってしまうので
華を添える感じで、味付け卵(110円)をトッピング^^

ガツン系なのだが、ほんのり甘みを感じる特製味噌味はさすがですね。

24時間営業で、深夜ドライバーや職人さんが多く通う山岡家さんだけあって
ファンが多いのもうなづけます。

さて、これで今年の期間限定シリーズは終了。
来年はどんな味で、楽しませてくれるか期待ですな。

それまでダイエットに励むこととしよう^^

 

関連記事

 

お店情報

関連ランキング:ラーメン | ひたち野うしく駅

海賊のように食べる(GOURMET)の最近記事

  1. 『サラダラップ』:約50種類の野菜からチョイスしてオリジナルサラダを堪能する。【サラダスト…

  2. 『特製もやし味噌ラーメン』:実は北海道ではなかった幻の1号店で、2018年最後の期間限定ラ…

  3. 『ボールパークドッグ プレーン』:ライ麦バンズのシンプルドッグ。【タリーズ】@柏の葉キャン…

  4. 『ラクレットチーズドッグ』:ラクレットチーズをホットドックにかけたらそりゃ反則級に旨いに決…

  5. 『ホットドッグ』:コールスローに甘めのソースという不思議な味。【コメダ珈琲】@土浦

関連記事



2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930