「EA」研究開発室

性格の違うEA。2つのドライブシリーズ。

ほぼほぼ完成した新型EA「CasinoDrive-v6」。このEAは基本的にスイングトレードのスタンスを取っている。そのためストラテジーテスターでの中長期ロードテストでは余裕でプラスになる。だが、単月で見ると、やはりマイナスが出る月がある。といっても、まぁ1か月だけ(4月)なんだけどね。でも、どうしてもそこがひっかかる。そのため、本日も朝からパラメータの調整に勤しんでいたわけだが、ふと「2~3日に1回しかトレードしないのってつまらないなぁ」と思ってしまった。本来の目的とは違う不満が。。。(笑)

本来、トレードのEAというのは、言い方は雑だが勝てばいいのである。そして、次にドローダウンが希望通りの中に納まって、さらに勝率が高ければなお良しなのだ。破産する確率が減るからね。ただし、勝率100%は望まない。そんな事は不可能であるという事は証明されている。≪決済しなければ、含み損は損害にならない≫とかいう言葉のマジックを除けばね。

それなのに、いま私がやろうとしている事はそれに反する非常識な発想。というか負けトレーダーの思考。「出来るだけ月単位で全て勝ちたい」そして「見ていて楽しいようにせめてM5でチョコチョコ動くEAが欲しい」というもの。どこを目指しているか解らない。

だが、勝算が無いわけではない。

OverDriveのロジック自体は、かなりの高勝率を誇ることは解っている。しかし、これが単にM1やM5に当てはまるかといえばそうではない。短い時間のチャートは信ぴょう性に欠ける。そこをどう回避して、短時間足にターゲットを合わせるか。まぁ、当然、総合利益は犠牲になるけどね。(そこは色々と考えがあるので追々)

でもって
1日ちょこっといじくってみた。で、出来た(笑)。ほぼ。

スイングトレード爆益仕様の「CasinoDrive-v6」と、弟分でM5を使ってトレード回数は増やすけども利益は少なめの「OverDrive-v1」。いいコンビかもしれない。性格の違うEAを廻すことでリスクヘッジにもなるしね。

あ、ちなみにこのOverDriveからは複利計算機能は外してある。あまりにも短期間で増えすぎてしまうので。急な増益は、爆死に繋がる確率が上がる。だから、意外にマイルドな味付け。でも勝ちますよ

あとは、破産しない範囲で利益を限界まで取る、ギリギリの設定を詰めていく作業。根気が要ります。

 

関連記事

  1. 「EA」研究開発室

    利益と破産の境界線

    EAの利益を出来るだけ追求し、破産の危険性は出来るだけ避ける。これ…

  2. 「EA」研究開発室

    「CasinoDriveCustom」の製作開始

    相場の性格によってEAの結果は大きく変わる。今のCasinoD…

  3. 「EA」研究開発室

    とんでもない化け物が出来上がったかもしれない

    最近は、シコシコと新しいEAの開発に勤しんでいた。自分のロジッ…

過去の記事

  1. 調べてみた

    「プロキシ スクリプトをダウンロードしています」と出て、Chromeの表示が遅く…
  2. 行ってきた

    【春日部第一薬局】:ユニパ?ユニセル?あのダイエットで有名な漢方薬局さんへ相談に…
  3. 今日の生存記録(DIARY)

    【貝殻島】:東京湾に浮かぶ、通称「船橋のニューカレドニア」で無人島バーベキューに…
  4. 今日の生存記録(DIARY)

    花火大会BBQのメニュー決め&試食会
  5. マラソン&トライアスロン

    第47回タートルマラソン国際大会で10Kmのマラソンを完走してきた
PAGE TOP