「タイムレート」を考えて、自分の時間価値を測る方法

lgi01a201405200300

「為替レート」というものがあります。

≪1ドル117円60銭≫とかいうあれですね。

 

つまり、簡単に考えると「お金の価値」の比較です。

『1ドルと117.6円というのは同じ価値ですよ』

と言っているわけですね。

 

ん?

 

では、ドルは円より117.6倍も価値があるのか?

そうとも言えませんよね?

 

それぞれの国の平均賃金も違いますし税率も違います。

ましてや物価も違いますから。

 

そう、簡単に比較が出来ないのは

≪共通のモノサシ≫が無いからなんですね。

 

 

さて、

 

誰もが大切にしている「お金」

そして誰もが好きな「お金」

そのお金の価値基準を比較するために≪時間≫というモノサシを

使ってみましょう。

 

何度もお話してますが

人間も、虫も、石コロだって同じ24時間の中を消費しています。

 

「この世で唯一、万物共通で与えられた資源」である≪時間≫

完全なる、共通のモノサシです。

 

たった10分間でFXで稼いだ10万円と、

10日間、工場で泥だらけになりながら働いて稼いだ10万円。

この手にした10万円は、本当に同じ価値なんでしょうか??

 

どちらの10万円も、買えるものは一緒です。

だからこそ同じ価値だと思うのでしょう。

ですが、その≪重み≫はまったくちがいますよね?

 

そのお金の重みを量る、ちょっとした遊び感覚の考え方。

≪お金と時間の為替レートを計算してみてください≫

 

つまり、

 

10分でFXで稼いだ10万円を、タイムレート(お金と時間の為替レート)で

計算してみると、 1円=0.0001分

 

10日間工場で働いて稼いだ10万円は、

1円=0.144分

 

それぞれが同じ1万円の買い物をしたときに手渡す1万円札。

受け取るお店側にとっては、同じ価値の「1万円」

 

でも、そこを時間に換金すると?

自分の24時間のうち≪1分間≫だけ換金したトレーダーと、

自分の24時間のうち≪1440分間=24時間!≫を換金した労働者。

同じ1万円でも、これだけ重みが違います。

 

 

一度、自分のお金の重みを計算してみてください。

なかなか無駄遣いができなくなりますから(笑)

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. あなたが生きるためには、必ず「お金」がついてまわります。 綺麗ごとではなく、お金が全て…
  2. 友人にお薦め頂いた書籍、 喜多川 泰さんの「書斎の鍵」。 昨日、日中に「出来る所まで…
  3. 昨日は、私が関わらせて頂いている北千住のコワーキングスペース 「サムライズ コワーキングベース66…
  4. 今日は、パーソナルトレーナーの先生に 招待してもらって、お台場のにある ダイバーシティ屋上で「都…
  5. セントラルの原さんの船で、 貝殻島までBBQに行ってきた。 船橋港から船を出してもら…
  6. 日々の作業のうち、 一番重要でありながら、一番無駄な時間になりやすいのが メール…
  7. 「返報性」という言葉を聴いたことがありますか? 「へんぽうせい」と読みます。 これは…
  8. 見えないものに対する敗北感を払拭する唯一の方法は、 歩き続ける事で。 走らなくても構わないか…
  9. プロフェッショナルとは、自分を信じる心が大事です。 まずは自分の軸をしっかり持って、そして…
  10. 今日は朝から濃霧。 車の運転が怖すぎる(汗) でもまぁ、朝一番に霧が凄いという事…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る