タスク管理・効率化

すきま時間を活用する

140421time-thumb-640x373-73668

最近、打合せなどで移動する際に電車の中の様子をよく観察します。
まぁ~この頃はスマホ利用率が多い事^^

iPhone、iPad、その他のスマホや携帯を含めれば
8割近い人が電車の中でいじっているんじゃないでしょうかね?
(これに、PSPやDSがプラスされるとさらに凄いことに。。。)

ちょっと興味本位で、何を見ているのかをさりげなくチェックしてみると…
圧倒的にゲームが多い。

楽しそうだなぁ~と思う反面、もったいないな~と。。。

前回も書きましたが、
「時間が無い」「時間が無い」という人に限って
電車の中で漫画を読んでいたり携帯でゲームをやっていたり。
トイレで新聞読んでいたりね。

「トイレの新聞は、情報収集だよ」

はいはい、それもわかります。
でも収集した情報をどう活用するのですか?

明確な活用方法がないのであれば、あまり意味が無いし。
情報収集だけでしたら、移動中のラジオ聞き流しでも十分。

WEBを活用しているのならば、
RSSで自分の欲しい情報だけ集めれば時間効率もいいですね。

と、今日はそんな話じゃなかった。。。

 

たとえば、

14:00~15:00まで、『A社』との打ち合わせがあったとします。
その後、16:00から違う『B社』で打ち合わせ。
『A社』から『B社』までの移動時間は約30分。

さて

おそらく殆どの方の頭の中で、この15:00~16:00までの1時間は
≪移動時間30分≫≪空き時間30分≫って変換されるのではないでしょうか?

14:00~15:00 『A社』
15:00~15:30 移動時間
15:30~16:00 休憩時間
16:00~17:00 『B社』

「空き時間が30分出来た!
暑いから喫茶店でコーヒーでも飲みながらゲームでもやってるか…」

これが残念。
ちょっと意識を変えてみてください。

14:00~15:00 『A社』
  15:00~16:00 すきま時間
16:00~17:00 『B社』

1日のスケジュールをたてると、
必ずこの《すきま時間》が出来てしまいます。

この使い方次第で、あなたのビジネスは大きく変わります。

 

たとえば、この場合でしたら、
15:00~16:00のブランクタイムは
『B社』との打ち合わせの資料整理や、質問事項の確認に使えるでしょう。

(1)1日の予定を組む
(2)間に出来るすきま時間を把握する
(3)そのすきま時間を、直後の予定の準備に充てる

これだけでかなり時間の有効活用ができます。

 

私が一番多く活用している「すきま時間利用方法」は
タスク管理です。

帰宅してからもふくめて、あとどれくらい自分にすきま時間があるのか?
その残量を見ながら、やるべき内容の確認と優先順位を決めていきます。

また別の回で喋りますが
ダブルビジネスのポインとは「すきま時間の管理」と「タスク管理」。
この二つが肝といっても過言じゃないでしょうね。

 

あなたの一日に「空き時間」は存在しません。
それは、お金を生み出す「すきま時間」という宝物です。

(Visited 29 times, 1 visits today)

関連記事

  1. BUSINESS-TALK

    「USP」:お客様があなたを選ぶ理由は何ですか?

    「USP」という言葉はご存知でしょうか?unique se…

  2. お仕事のはなし全般

    データの取り扱いを間違えなければ、そこには全てが現れる

    ここに、とある小さなレストランがあるとします。こじんまりと…

  3. ウェブ戦略

    アクセス解析を生かすために必要な3つのステップ

    アクセス解析を使って、自分のホームページへの訪問者数や各ペ…

  4. BUSINESS-TALK

    「アブダクション」:仮説の信憑性を探る方法

    ありとあらゆる事に「戦略」は必要ですし、有効です。そして、…

  5. ウェブ戦略

    世間の常識=インターネットの非常識

    このブログの作者は、私「添田真人」です。私のプロフィールを…

  6. タスク管理・効率化

    「時間的自由」その本当の意味

    「時間的自由を得るために働いているのに、スケジュールがパンパン…

PAGE TOP