すきま時間を活用する

140421time-thumb-640x373-73668

最近、打合せなどで移動する際に電車の中の様子をよく観察します。
まぁ~この頃はスマホ利用率が多い事^^

iPhone、iPad、その他のスマホや携帯を含めれば
8割近い人が電車の中でいじっているんじゃないでしょうかね?
(これに、PSPやDSがプラスされるとさらに凄いことに。。。)

ちょっと興味本位で、何を見ているのかをさりげなくチェックしてみると…
圧倒的にゲームが多い。

楽しそうだなぁ~と思う反面、もったいないな~と。。。

前回も書きましたが、
「時間が無い」「時間が無い」という人に限って
電車の中で漫画を読んでいたり携帯でゲームをやっていたり。
トイレで新聞読んでいたりね。

「トイレの新聞は、情報収集だよ」

はいはい、それもわかります。
でも収集した情報をどう活用するのですか?

明確な活用方法がないのであれば、あまり意味が無いし。
情報収集だけでしたら、移動中のラジオ聞き流しでも十分。

WEBを活用しているのならば、
RSSで自分の欲しい情報だけ集めれば時間効率もいいですね。

と、今日はそんな話じゃなかった。。。

 

たとえば、

14:00~15:00まで、『A社』との打ち合わせがあったとします。
その後、16:00から違う『B社』で打ち合わせ。
『A社』から『B社』までの移動時間は約30分。

さて

おそらく殆どの方の頭の中で、この15:00~16:00までの1時間は
≪移動時間30分≫≪空き時間30分≫って変換されるのではないでしょうか?

14:00~15:00 『A社』
15:00~15:30 移動時間
15:30~16:00 休憩時間
16:00~17:00 『B社』

「空き時間が30分出来た!
暑いから喫茶店でコーヒーでも飲みながらゲームでもやってるか…」

これが残念。
ちょっと意識を変えてみてください。

14:00~15:00 『A社』
  15:00~16:00 すきま時間
16:00~17:00 『B社』

1日のスケジュールをたてると、
必ずこの《すきま時間》が出来てしまいます。

この使い方次第で、あなたのビジネスは大きく変わります。

 

たとえば、この場合でしたら、
15:00~16:00のブランクタイムは
『B社』との打ち合わせの資料整理や、質問事項の確認に使えるでしょう。

(1)1日の予定を組む
(2)間に出来るすきま時間を把握する
(3)そのすきま時間を、直後の予定の準備に充てる

これだけでかなり時間の有効活用ができます。

 

私が一番多く活用している「すきま時間利用方法」は
タスク管理です。

帰宅してからもふくめて、あとどれくらい自分にすきま時間があるのか?
その残量を見ながら、やるべき内容の確認と優先順位を決めていきます。

また別の回で喋りますが
ダブルビジネスのポインとは「すきま時間の管理」と「タスク管理」。
この二つが肝といっても過言じゃないでしょうね。

 

あなたの一日に「空き時間」は存在しません。
それは、お金を生み出す「すきま時間」という宝物です。

関連記事

オススメの記事

  1. 怪我からの復活と、肉体改造を目指して本気のダイエットを決意した。 これからは、食事と運動の両方が重…
  2. 好んで使っていたキーボードが壊れた。 色違いで2台買っておいたんだけどね。 急い新しいのが必…
  3. 約二ヶ月前、肩を怪我してからもう何箇所の病院や治療院に通っただろうか。 総合病院、鍼灸医院、接骨院…
  4. 防水機能がついたり、suicaが使えるようになったり、革新的な技術進歩が見られなくてもユーザ…
  5. ビジネスでお金を頂くためには、等価交換で何かを差し出す必要がある。 これは基本中の基本で鉄…
  6. 何をやっても出来ない人って、 実は少ないんですね。 やるべきことを実践してみて、結果がついて…
  7. 今回は、北区王子エリアのチェーン店 博多水炊きと名物塩つくね「てけてけ」さんの王子北口駅前店。 …
  8. ここ数週間、かなり肉体的にも精神的にもヘビーな事が重なった。 既に峠は越えたというか、ここから…
  9. MMAテンプレご利用者様への業務連絡です。 ロジックのメインテンプレートが「MMA2」…
  10. いやぁ、途中までは爽快だったわけですよ。深夜の工事現場脇、絶好の練習ロードをブレイブボードで疾走して…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る