ウェブ戦略

インターネットに顔は出したくありません

あるクライアントさんから聞いた話。

《インターネットを使って仕事をしたいが、顔は出したくありません》

という意見について。

 

WEBをビジネスに活用したいが顔を出したくないという

理由を尋ねてみると、下記のような答え。

《不特定多数の人が見ているので、不安です》

 

では質問です。

 

あなたの近くの商店街には、覆面を被った店員さんがいますか?

洋服を買おうとショップに入ったら、店員さんが全員 帽子を被り

黒いサングラスにマスクをしていたら? そこで買おうと思いますか?

 

たしかに、個人情報をWEB上に置くというのが不安であるという意見も

わかります。 ですが、なたがWEB上で商売をする以上、法律で

運営者の名前や連絡先を書かなくてはいけないという決まりがあります。

自分の情報を提示しない限り、ビジネスは出来ないんですね。

 

訪問者に失礼だとか、購買意欲に関係してくるといった意見もありますが

まずはそれ以前の話です。

 

 

顔出しが嫌だという方、実は非常に多いです。

恥ずかしいのでしょうか?

 

それでは質問させて頂きますが、

あなたは街を歩く時に芸能人ばりに変装して出かけますか?^^

 

ブログやホームページに顔写真を掲載しても、

あなたのページに来た訪問者の目に触れる数は数十から数百人。

おそらくその程度かと。

 

しかし、あなたが街を歩いていて顔を見られる回数というのは

その比では無いくらいに多いはずなんですね。

その程度のものですよ。

 

たしかに、WEB上に顔写真を掲載するリスクもあります。

否定しません。ですがそのリスクの多さは、あなたが実社会で

生活している今のリスクとほぼ同等です。

 

街を歩いていれば、あなたの顔を見て後をつけてきて

家までチェックされるかもしれません。

そんな危険性の中を生きてます。

 

でも、WEB上では写真から自宅を突き止められる事はありません。

よっぽど安心です。

 

《WEBは不特定多数の人が読むので、誰に読まれているか不安です》

 

あなたが道で友人と立ち話したり、電車の中で仕事相手と喋っている内容

それを聞かれているくらいのものです。

あなたの立ち話を聞いている人が全て他人であると断言出来るでしょうか。

 

 

WEBの世界は、自分の知らない事ばかりです。

だからこそ不安になるのでしょう。

 

人間は、不安になると最悪の状況を考えて躊躇します。

でも実生活の方がもっと不安ですよね?

 

よく比べてみてください。WEBの方がどれだけ安全か。

ストーカーに家までつけられる事もありません。

通り魔に背中から刺される事もありません。

たしかにあなたの書き込みを不特定多数の人が読むかもしれません。

でも、それは「あなたが発信した情報」だけの話。

 

日常生活での、聞かれたくない立ち話や陰口

不意に出たオナラですら普段だったら気にしますよね?(笑)

 

でも、WEB上では自分が伝えようとした情報だけが読まれます。

ある程度コントロール出来るんですね。

 

 

そんなリスクから、実名主義のFacebookに登録出来ない人もいます。

学校や会社に行って、ニックネームで自己紹介しないのと同じ。

 

実名登録は「特別」ではなく「普通」なんですね。 これが正常です。

 

実生活と同じ程度のリスクを伴い、普通のコミュニケーションを構築する。

WEBでの展開って、その程度のことです。

 

難しく考えて躊躇するよりも、まずはやってみることですね。

怖くないですから。

(Visited 16 times, 1 visits today)

関連記事

  1. タスク管理・効率化

    「時間的自由」その本当の意味

    「時間的自由を得るために働いているのに、スケジュールがパンパン…

  2. ウェブ戦略

    アクセス解析で注目すべき4つのポイント

    昨日、アクセス解析の記事を読みましたが、実際には何を見…

  3. ウェブ戦略

    ビジネスブログに日記は必要か

    最近、質問も多く頂くようになってきた≪ビジネスブログに日記…

  4. ウェブ戦略

    世間の常識=インターネットの非常識

    このブログの作者は、私「添田真人」です。私のプロフィールを…

  5. お仕事のはなし全般

    睡眠時間3時間で1年間働いた。それでも年収492万円の奴隷の話

    自分の本業以外に、もうひとつ収入源を確保する「ダブルワーク」が流行です…

  6. ウェブ戦略

    『EFO』:最後の最後でお客様に逃げられる理由

    ウェブ集客などを考えると、必ず出会う「SEO」という言葉があります。…

PAGE TOP