力学思考・テクニック

力学思考:力学思考型マーケティングとは何か

そもそも力学を知らないで「力学思考」は語れませんので、簡単に説明します。

そもそも力学とは

力学とは物体に働く力や相互作用の関係性を論じる物理学の一部です。

ニュートン力学や量子力学、古典力学など多種多様な理論が存在しています。
そこで、私的に「力学」を定義づけるとすれば、
ある状況下で特定のアプローチを働きかけた場合、その後に現れる状況との関係性
となります。

ある物体に力を加えると、その力と同じ方向に物体が動こうとします。これが基本。

 

通常は、同じ方向に働く力ですが、
そこに支点とテコを用いることで真逆に動かすことも出来ます。

ちなみに、テコを支えている点=力の方向を変える部分を「支点」と言い、
力をかける部分を「力点」と呼びます。

b
この「力学」をマーケティングに応用する考え方が「力学思考」です。

 

一般的な<成果を手に入れる>方法

たとえば、あなたが望む「成果」があります。
あなたはどうしてもこの成果を手に入れたいと思っていますが、いまこの成果は
「ポジションライン(後述しますが、シーソーのようなものだと考えて下さい)」上で
均等にバランスが保たれており、その成果に近づくことが出来ません。

001

 

通常は、この成果を手に入れるために自分から近づこうとします。

恋愛でもそうですよね?自分を磨いて、猛アピールして
その子に好かれるように努力します。

スポーツもそう、日々の練習を繰り返して勝利に近づこうとします。
ビジネスも例外ではないですね?
サービスや商品に愛情を注いで、
その結果お客様に提供できるものを作り上げる。

このように、基本的に世の中は、
目指す成果がはっきりした時点で、そこに自分を近づけようとする作業
の繰り返しです。

003

 

本当は、自分が動かなくて(努力しなくて)成果が手に入れられればそれが
(人としての成長はなくなりますが)一番ですが、なかなかそれは叶いません。

目的の成果に闇雲に力を加えても、それはピクリとも動かないでしょう。

002

 

力学思考的な発想

自分から無理に動く事なく、
難なくその成果との距離を縮めるにはどうしたらいいでしょう?

これを簡単に考えると、いまポジションライン上でで吊りあっている成果と自分。
その成果の位置を上に押し上げてやるだけでポジションラインは傾斜して、
勝手に自分に近づいてきます。

005

 

逆に、自分の位置をポジションラインから下げる事で、
同じように傾斜をつけて成果を引き寄せる事が可能になります。

004

 

あくまでイメージですが、これが「力学思考」の基礎の基礎となる考え方です。

これにプラスして、後述する「自分のポジションを動かすテクニック」を
駆使する事で、無理せずに望み通りの成果を手に入れることが出来ます。

 

力学思考型マーケティングとは

全体のポジションを把握し
そのバランスを戦略的に崩すことで
望む成果を手に入れる

という戦略のこと。

(Visited 63 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 力学思考・テクニック

    「あたりまえ」を壊せば利益が生まれる

    成熟期で燃え、衰退期で狂喜乱舞。先日、ミーティング中に…

  2. 力学思考・テクニック

    複数講師による合同セミナーの勘違い

    大掛かりなセミナーが多くなってきて、≪複数の講師を揃え…

  3. 力学思考・テクニック

    力学思考:重要な4つのキーワード

    ここまではどちらかというと「力学思考」についてというよりも、…

  4. 力学思考・テクニック

    会話の相槌にキーワードのオウム返しを使う事で距離感を縮める

    どうにも、真剣になればなるほど相手に嫌われてしまう人が多い気が…

  5. 力学思考・テクニック

    力学思考:商品を売らないことで感情のベクトルを引き寄せる

    お客様というのは、どんどん押していくと、それに合わせて引いてい…

  6. 力学思考・テクニック

    後発だからこそライバルとの差別化が容易になる

    「ブルーオーシャン」という言葉をよく耳にします。まだ誰も手…

PAGE TOP