BUSINESS-TALK

「トリプルメディア構想」というフレーミングを用いた、メディア戦略

media

「マルチマーケティング」「フルマーケティング」「クロスメディア」
という考え方が、まだそれほど一般的ではなかった頃。
単一の媒体からいかにアクセスを呼び込むかと
皆が頭を悩ませていた時代がありました。

2009年の終わりの頃から出始めた考え方の
「トリプルメディア構想」というお話です。

媒体(メディア)を細分化してマーケティングを仕掛けよう
そんな流行的な流れとは違って、もっと大きな枠組みでメディアを分類したもの。

 

ここで言う「トリプルメディア」というのは
トリプルというだけあって、3種類あります。

   (1)購入する広告メディア=Paid media
   (2)評判を集めるメディア=Earned media
   (3)自分で保有しているメディア=Owned media

 

「Paid media」
お金を払って宣伝する媒体のことで
新聞や雑誌の広告からはじまり、バナー広告、リスティング広告などの
宣伝手法を指します。

「Earned media」
コミュニケーションがベースにある媒体。
つまり、Twitterやブログ、SNSなどのソーシャルメディアなどや」
クチコミなどもこれに含まれます。

「Owned media」
自分が保有し管理しているメディアのこと。
まぁ、自社ホームページなんかはこれにあたりますし、
商品のパッケージやパンフレット、自社店舗やそのスタッフもここに分類されます。

今までの大きな流れとしては、
「Paid」「Earned」の両メディアをいかに組み合わせていくか…
それがトレンドでした。

よく「フルマーケティング」といって、
複数のメディアを組み合わせて効果を大きくしていく手法も、
ほとんどこの2つのメディアを活用して
「Owned media」にアクセスを流して終わるものでした。

逆に
「Owned medeia」を重要視するコンサルタントは
クライアント企業のHPを必死になって解析し、
≪導線改善が命です!≫とか叫びます ^^;

いやいや、全部が必要で
全部がリンクしなくちゃいけない時代
なんですけどね。

取り扱い商品やサービスによって
そのリンク部分の比重を調整していくのが大切になってきます。

この3種類に分類されたメディアですが、もっと簡単に置き換えると

 「Paid media」=宣伝部
 「Earned media」=広報部
 「Owned media」=販売促進部


ってな感じになります。

ビジネスで成功する大手企業って、これらの部署が
最適な境界線によって、きちんと機能してますよね?
それが一番大切な部分です。

レストランやショップでも同じ事。
自分のお店が「Owned media」です。

予算の規模ではなく「Paid media」で広告を展開し
口コミやファンクラブなどの「Earned media」で情報を広める。
そして、「Owned media」に来店してくれたお客様に、
サービスを提供する。

このリンクを構築できるか否か…
そして、その比重比率を判断できて調整できる人材が
そばに居るかどうかが、非常に大きな分岐点となります。

そして、口コミやブログ、Twitterを「安価で売上アップが望める」として
必死に構築したがるクライアント様も多いですが、
ちょっと待ってください!

クチコミというのは、「共鳴」や「波紋」のようなものです。
仕掛けを用いて、刺激を与える事で、それが広がっていくんです。

考え方はこうです。

「Paid media」や「Owned media」にて、
刺激的な情報を発信できて初めて「Earned media」である
クチコミマーケティングは成功します。

第二波、第三波と刺激を送り続けなければ
波紋はやがて消えてゆくでしょう…

「Eaend media」を中心に戦略を組み立てた場合、
それすなわち「Paid media」や「Owned media」の戦略
でもあるわけです。

新しいマーケティング手法やメディアが次々と出てきては、飛びつき。
そして飽きられ、衰退していきます。

そのような情報に簡単に踊らされないためにも、
まずはこの「トリプルメディア」というフレームワークを実行してみて
自分の戦略とあてはめてみるといいかもしれません。

不足しているメディア、偏っているメディアがあれば
そこを改善してあげるだけで、確実に成果はアップしますからね。

197

(Visited 34 times, 1 visits today)

関連記事

  1. BUSINESS-TALK

    相手との距離を縮める「バーナム効果」

    人は自分の内面にズカズカ入り込まれるのを嫌う。反面、"…

  2. お仕事のはなし全般

    データの取り扱いを間違えなければ、そこには全てが現れる

    ここに、とある小さなレストランがあるとします。こじんまりと…

  3. BUSINESS-TALK

    加速しながら成功に近づく「収穫加速の法則」

    収穫加速の法則というのがある。アメリカの発明家「レイ・…

  4. 戦略・理論・法則

    戦略と戦術の違いは何か

    「戦略」と「戦術」の違いって理解していますか?マーケテ…

  5. BUSINESS-TALK

    「パレートの法則」:富は不均衝に集中する

    イタリアの経済学者パレートさんが発表した法則。≪富は不均衝…

  6. タスク管理・効率化

    時間が無いんです。。。は、嘘

    クライアントさんに色々お話をする過程で出てくる言葉。そこに…

PAGE TOP