仕事のはなし全般

落ちるくらいなら、勝てばいいじゃない

見えないものに対する敗北感を払拭する唯一の方法は、
歩き続ける事で。

走らなくても構わないから、
歩き続けることで。

自分の立ち位置って、
自分では見えなくて。

他人の決めるポジションを求めて
自分を殺して。

用意された場所に座ってホッとしてる間に、
仮面を付けた世間には置いていかれるもので。

見えないステージから見下ろすよりは、
自分の足で立って、
上を見上げた方が進路は良く見える訳で。

ただ、選ぶのは自分。
動くのも自分。

唯一他人が主導権を握る行為、
それが「評価」。

その評価で
喜怒哀楽するのも自分。

どこに居るのか?
どこを見るか?
どこに行くのか?

それを決めるのは自分。

落ちるくらいなら、勝てばいいのです。
圧倒的大差で勝てばいい。

でも実は
勝敗を決めるのも、自分。

20150302 153814

(Visited 35 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 仕事のはなし全般

    「成約率30%」とは100人中7割のお客様に逃げられた哀れな結果と認識すべき。

    あるクライアントさんら自社ホームページの成約率アップについて相…

  2. 仕事のはなし全般

    稼ぐ前に、使うことを考える

    あなたが生きるためには、必ず「お金」がついてまわります。…

  3. 仕事のはなし全般

    感情をデータとして分析出来れば未来が見えてくる(非構造化データの話)

    インターネットを仕事に活用する。。。と考えたとき、一番のメリッ…

  4. 仕事のはなし全般

    脳業という仕事

    私の仕事は「脳業(のうぎょう)」です。アイディアという…

  5. 仕事のはなし全般

    睡眠時間3時間で1年間働いた。それでも年収492万円の奴隷の話

    自分の本業以外に、もうひとつ収入源を確保する「ダブルワーク」が流行です…

PAGE TOP