お仕事のはなし全般

過去は未来を作れない

ビジネスは「数字」が全てではありません。
数字で全てが割り出せると思ったら大間違いなんですね。。

コンサルティングを
「統計学」のようなスタンスで捉えてる人も多いかもしれません。

でもね、

統計学って、つまり過去の分析ですから。
過去が作るのは「現在」であって「未来」じゃない。

と、私は思うわけです。

a0077842_1814029

(Visited 18 times, 1 visits today)

関連記事

  1. お仕事のはなし全般

    旨い飯を食うために仕事をする。それでもいいじゃないか

    仕事をする目的が明確でないと、なかなか成果には結び付きません。ただ…

  2. お仕事のはなし全般

    「成約率30%」とは100人中7割のお客様に逃げられた哀れな結果と認識すべき。

    あるクライアントさんら自社ホームページの成約率アップについて相…

  3. お仕事のはなし全般

    見知らぬ他人のアナタが紹介しても、お客はどんどん引いていく

    誰でも、自分が思い入れをこめて作った商品は『これは素晴らし…

  4. お仕事のはなし全般

    空からアイディは降って来ない。まずはエッセンスを盗むところから始める。

    スタッフにチラシのデザインを任せた夜。悩みに悩んで一歩進む…

  5. お仕事のはなし全般

    たったひとつの「100%失敗することの出来る方法」

    一番重要な大前提をまず書きます。≪成功するかどうかは、…

PAGE TOP