仕事のはなし全般

銀行が一瞬にしてお金を作り出す錬金術の秘密

この世に存在するお金を自由に増やせたら、それは凄い事ですよね。
魔法使いや犯罪者でなくともそれが簡単に出来るとしたら?

今日はそんなお金に対する固定観念を破壊するお話。

銀行が一瞬にしてお金を作り出す錬金術の秘密

≪銀行≫という所は、他人様から預かったお金を、
別の人にまた貸ししてその利息を得るという商売ですね。
強引ですけど。

この銀行の錬金術。
まず魔法の呪文として「準備率」という言葉があります。

これは、貸す金額に対して、用意しておかなければいけない金額を算出する数値です。
その金額を日銀に預けておけば≪銀行≫としてお金を貸し出してもいいよーという基準。

13世紀のイタリアで銀行業がスタートしたときは準備率は100%だったそうです。
つまり、100万円を人に貸すときは実際に100万円を保有していなければならないって事。

それが驚くことに、現在の日本の法律による銀行の準備率は≪0.01%≫に設定されています。

1万円しか保有していなくても
その10000倍の1億円まで融資することが可能

その手順は、いたって簡単。
—————————————————
:金庫にお金が0円の銀行に、あなたの全財産1万円を預けたとします。
 あなたの銀行口座の通帳には『残高 10,000』と記載されます。

:あなたは、その銀行に1億円の融資を申し込みます。

:銀行はあなたが預けた1万円を、銀行法(準備預金制度に関する法律)によって
 定められた準備率(0.01%)に基づき、10,000倍の1億円まで貸し出すことが可能。

:融資の審査が通り、あなたの口座に1億円が振り込まれます。
 あなたの銀行口座の通帳には『残高 100,010,000』と記載されます。

:全額口座から引き出します。
—————————————————

最初は、あなたの全財産が1万円しかありませんでした。
それが今じゃ手元に、1億円と元手の1万円が残りました。

ほら、元々存在していなかった1億を
この世に誕生させた錬金術です!(笑)

言葉のトリックでもなんでもなくこれが≪お金の真実≫です。
まずは、何事に対しても固定概念を壊すことが大切ですね。

6884422115_593a7d6718_b

(Visited 131 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 仕事のはなし全般

    データの取り扱いを間違えなければ、そこには全てが現れる

    ここに、とある小さなレストランがあるとします。こじんまりと…

  2. 仕事のはなし全般

    プロフェッショナルにおける正当な評価と正当な対価、そして100%全力の仕事

    ビジネスでお金を頂くためには、等価交換で何かを差し出す必要があ…

  3. 仕事のはなし全般

    基本は隙間を見つけること

    私のススメる「BB戦略」は、「弱者のマーケティング」です。…

  4. 仕事のはなし全般

    脳業という仕事

    私の仕事は「脳業(のうぎょう)」です。アイディアという…

  5. 仕事のはなし全般

    経営者であれば利益至上主義という考え方は≪あたりまえ≫な話。

    ちょっと厳しい話かな。だれでも、自分の労働に見合ったお金を手に…

  6. 仕事のはなし全般

    あたりまえの事を、あたりまえに。

    所詮、全ては「あたりまえ」なんですね。あたりまえの事を、あたり…

PAGE TOP