WORK

  1. 私が「ノマドワーク」という働き方を選んだ理由

    私の働き方は、俗にいう「ノマドワーク」が主です。ノマド、つまり遊牧民のように一か所にとどまる事をせずに移動をしながら仕事をしています。もちろん自分が住ん…

  2. 観察期。変化は連鎖するので現実の推測はしても未来の想像はしない

    力学思考でバランスを変える場合、まずは現在の状況を適切に把握する必要がある。それには総体的に俯瞰で観察する事が重要なのだが、この観察期に革新的なアイディ…

  3. 他人の力を借りてでも、合計達成率を100%にして信頼を得る

    常に100%の力で100%の成功を目指すのは悪い事ではないし、間違ってはいない。しかし100%の成功を目指した結果、達成率が著しく低下するならば考え…

  4. 「成約率30%」とは100人中7割のお客様に逃げられた哀れな結果と認識すべき。

    あるクライアントさんら自社ホームページの成約率アップについて相談があった。このお店は「フル契約」ではなく基本的には相談だけという「顧問」のような契約…

  5. 無能な働き者には価値が無い

    ドイツ軍を再建したとされる当時の参謀総長(最終的には上級大将)であったヨハネス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークト(略称:ハンス・フォン・ゼ…

  6. 本当に自分を支えてくれるのは、頑張った過去の自分だけ

    若い世代と年配芸能人が討論する番組をみていたら、ゲストに永遠の金八先生こと、武田鉄矢さんが出てました。番組の中盤で、高校生ながら売春をしているという女の…

  7. ボジティブな計画をたて、ネガティブにシミュレーション、そしてポジティブに解決策を模索する

    戦略を練る段階でスタッフに必ず言ってること。それは全ての事柄に理由をつけろということ。シミュレーションのプロセスにおいては、ありとあ…

  8. あなたの好みが正解とは限らない。

    プロフェッショナルとは、自分を信じる心が大事です。まずは自分の軸をしっかり持って、そしてブレずに信じ続ける事が大切。ですが、自分が完璧だと思…

  9. タイムレバレッジ~時間が無いと嘆くなら、他人の時間を有効活用

    知識、スキル、人脈、そして時間。自分の手持ち資産には限りがありますから、ビジネスでは常にレバレッジを意識しないとなりません。成果があまりう出…

  10. 力学思考:視点をズラしてお客様の目的を変換する

    あなたがリンゴを売っているとしてそのリンゴを買ってもらうのに銀座のブティックにチラシをおきますか?自動車教習所にわざわざ看板を出しますか?経…

  11. 他者評価よりも自己評価を求める、競争思考のない「ゆとり世代」に仕事を頼むには

    ゆとり世代、さとり世代、そんな若者が社会に出始めビジネスとして接する機会も多くなってきた。むろん、全員が全員ダメな訳ではない。優秀な方もたく…

  12. プロフェッショナルにおける正当な評価と正当な対価、そして100%全力の仕事

    ビジネスでお金を頂くためには、等価交換で何かを差し出す必要がある。これは基本中の基本で鉄則です。逆もまたしかり。プロである以上、提供…

  13. 敵と戦わずして「無敵」になるポジショニング

    ビジネスで生き残るには、「無敵」を目指す。無敵とは書いて時のごとく「敵が居ない」状態。敵が居ないから、戦う必要もない。ここを勘違いし…

  14. 弱者が交渉を成功させる2つのポイント

    商談やプレゼンをする場合に、その成功率をアップさせる2つの簡単な方法。(1)一番トップから攻める。(2)常識の裏側を見せる。これだけ…

PAGE TOP