新幹線と飛行機どちらが安い?

979a6be9

東京から大阪や、名古屋などへの出張が多くなってきたので
色々と移動手段の金額を考えるようになってきました。

知人には有名な話ですが、私は飛行機移動が大好きです。

というよりは、空港が大好きで
知らない空港に行くだけでワクワクします。

ですが…結局、新幹線よりも飛行機のほうが時間がかかります。

は?って感じかもしれませんが…

東京から大阪に移動するとしましょう。
(たとえば主要駅の「東京駅」から考えます)

 

■新幹線は東京駅から乗れるので、駅移動は0分とします。

東京~新大阪 2時間36分(のぞみ利用)

 

■飛行機の場合、羽田から関空に行くことを考えます。

東京~浜松町 電車で5分
浜松町~羽田空港第一ビル モノレールで19分
羽田空港~関西国際空港 飛行機で1時間24分
関西国際空港~なんば 電車で39分
なんば~新大阪 電車で14分

 

ここまで計算で、
新幹線は 2時間36分に対して、
飛行機利用だとトータル 2時間41分

普通の人はここで≪あまり変化がないじゃん≫と思うかもしれない。
でも本当はこれが盲点だったんですよね。

新幹線は乗ってしまえば乗り換えもなく寝てれば到着。
それに比べて、飛行機の場合は空港での移動を含めると
4回も乗り換えなくてはならない。

また、飛行機は通常20分前には検査場を通過しなくてはならず
チケットの発行を考えると出発の1時間前には空港に到着していたい。

さてさて…電車などの乗り換えを1回5分として計算すると…

■飛行機での移動時間が2時間41分。
乗り換えが、5分×4回=20分。
早目に空港に到着する=1時間。

合計で、4時間01分!

新幹線は、2時間36分…

 

新幹線の方がトータルで早く到着出来るのはわかりました。
ですが問題はその料金…

一般的に東京~新大阪までチケットを購入すると ¥13850

それに対して

飛行機は、平日の日中で羽田~関空を指定。
28日前までに予約する早割の「特割28」を利用した、
羽田発9時台で¥9,570

関空から新大阪までの交通手段…
:関空ー(特急ラピートβ)ー難波 ¥1,390
:なんばー(大阪市営御堂筋線)ー新大阪 ¥270

合計で、¥11,230

 

まとめます。

東京駅から新大阪の街まで行く場合…

■新幹線は、所要時間 2時間36分。 ¥13,850
■飛行機は、所要時間 4時間01分。 ¥11,230

 

微妙だ…所要時間は圧倒的に新幹線の方が早い。
だがしかし、金額が高い…

と、言うわけで

通常よりも時間がかかってもいいので安く移動したい場合は
あるサービスを利用すると

■新幹線は、所要時間 3時間56分。 ¥10,200
■飛行機は、所要時間 4時間01分。 ¥11,230

こうなります。
実は、早いし安いのは新幹線なのです!

 

=======================

その「あるサービス」っていうのは、こちら♪
→ 【JR東海ツアーズ の ぷらっとこだま】

=======================

 

ん?あまり変わってない?

時間はそれほど変化なくても、
乗り換えがないので仕事でも社内宴会でも、睡眠学習でもやりほうだい。

忙しビジネスマンほど、自由な時間を確保するのは難しい。
だったら、余計な乗り換え時間などを極力減らして
その時間を有意義に使える方がいいのではないでしょうか?

関連記事

PICK UP !!

  1. いまは目の前にある柔らかいちいさな光 優しく癒され、愛おしく思えば思うほど 消え…
  2. 現在、私のコミュニティでは数人がFXを学んでいます。 なかなか皆も理解してきたらしく、自分…
  3. ビジネスは、投資を何倍かにして回収する仕組み。 式にすると、投資×【X】=収入 です。 …
  4. 成熟期で燃え、衰退期で狂喜乱舞。 先日、ミーティング中に 成熟した市場ほど チャンス…
  5. ビジネスをしてればムカつくこともある。 ただ、それを発散したとして何か生まれるのであれば良…
  6. 祖父の法事があって中野坂上にある「宝仙寺」というお寺さんに行った。 じつは、私の母校「東京ビジュア…
  7. スケートボードの板を拾った 近所を徘徊。。。いやいや散歩している時に、ゴミ捨て場にスケートボードの…
  8. そういえば先日、新しい相棒が届いた。 ゴルフ業界(アパレルを除く)からの撤退を発表したナイキ揃え。…
  9. 先日のイベント時に重いパレットを持ち上げようとして、 ちょっと腰に激痛が走った(汗) …
  10. 力とは「影響力」のこと 力学と言うのは、<ある物体に働く、力と運動の関係>を論じる物理学の部門…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る