『最安価格.com』~あの比較サイトよりも安い商品を簡単に見つける方法

電化製品や日用品を購入する時に「価格.com」を参考にする人も多いかと思いますが、今回はその「価格.com」で掲載されるよりも安く商品を探す方法。

価格.comより安い商品を簡単に探す

まず、普通に価格.comで好きな商品を検索します。

たとえばこの商品。
ソニーの液晶テレビ。現在のランキング1位。最安値は55,900円。
20150414 090006

ここで、URLに注目します。現在はこうなっています。
20150414 090417

このURLの先頭に「s」の文字を足します。
20150414 090406

 

説明しよう
つまり、
http://kakaku.com/item/K0000639709/
   ↓
http://skakaku.com/item/K0000639709/
こういうこと。

 

すると、「最安価格.com」という似た名前のサイトにジャンプします。
キャッチコピーが「あの価格比較サイトよりも安く!」です。解りやすい(笑)

価格.comのURLに「s」を付けるだけで、先ほどまで検索していた対象商品のページにそのままジャンプします。

今回であればこんなページですね。
20150414 091209

 

はい、ここで最安値に注目してみます。もう一目瞭然かと思います。

価格.comがこちら。
20150414 091313

それに対して、最安価格.comはこれ。
20150414 091259

注意じゃ!
ちょっと見にくいけど、最安価格.comの方はポイントまで考慮しているので、見た目の価格差は大きくなります。ポイントよりも実売価格重視の方は、そっちの数字を見比べてもいいでしょう。

 

このように、一番安い商品を探せると思われている「価格.com」ですが、実はそれよりも安く買う方法が、意外と簡単に利用できるという訳ですね。

最安価格.comでは、

価格.com
Yahoo!ショッピング
Google ショッピング
楽天市場
Amazon.co.jp
ポンパレモール
coneco.net
ビックカメラ
ヤマダウェブコム
それ以外

など非常に多くのショップから比較して表示してくれるのでネットで買い物するときに活用すると、思わぬ掘り出し物が見つかる可能性が高いですな。

 

関連記事

オススメの記事

  1. 私のススメる「BB戦略」は、「弱者のマーケティング」です。 その基本は「隙間を見つける…
  2. しょせん全ては「あたりまえ」なんですね。 あたりまえの事を、あたりまえのようにこなす。…
  3. 耳が痛い経営者も少なくはないでしょう。 「あいつは何で言ったことが…
  4. ウェブ集客などを考えると、必ず出会う「SEO」という言葉があります。 「Search Engine…
  5. 常に100%の力で100%の成功を目指すのは悪い事ではないし、間違ってはいない。 しかし1…
  6. いつ以来だろうか。 かなり久々の茨城首脳会議(笑) 10年くらい前にWEB業界入った…
  7. 今日は、東京の下町から千葉茨城近辺で抜群の知名度を誇る焼肉屋さん。 「あみ焼き元祖 しちりん」さん…
  8. ビジネスは「数字」が全てではありません。 数字で全てが割り出せると思ったら大間違いなんですね。。 …
  9. 戦略を練る段階でスタッフに必ず言ってること。それは 全ての事柄に理由をつけろ ということ…
  10. いまはDSやらプレステやらといったゲーム機が各家庭に普及していて、スマホでも無数にゲームは存…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る