EVERNOTE(エバーノート)は整理をしないで検索せよ

もはや説明する必要もないだろうというくらい有名なツール(サービス?)の「EVERNOTE」こと、エバーノート。 いわゆるなんでも放り込んでおけるお道具箱のようなもの。

あまりにもできる事が多く、そして活用方法が多岐にわたるのでどうしても自分オリジナルの活用方法を見つけないと「宝の持ち腐れ」に終わるか、はたまた何もできなくて「つかえねぇツールだなぁ」という感じで、消してしまう場合が多い。

実は、私もその後者でした。

PCを使った仕事歴は長く、長いがゆえに昔からある方法で自分のスタイルという物は確立されています。もちろん、新しいものはどんどん取り入れてますが、エバーノートのようにその全てのスタイルそのものを根底から覆すようなツールには、なかなか手が出ないもの。

その昔、パソコンがはやり始めたころに「パソコン買うと何が出来るんですか?」とよく聞かれたものです。 その答えは?「なんでも出来るけど、何もできません」が正解ですね。 結局、パソコンも道具でしかないので、何が出来るかというよりも<○○をしたいので、それにパソコンが使えるかどうか>が一番重要なわけですな。

エバーノートも同じだと思う。 結局、自分のスタイルにどう合わせるかがポイント。 出来る事が多すぎて、どのように使ったらいいかシックリこなかったんだけども、最近ちょっと見えてきた気がする。

決して、自分オリジナルの方法を見つけた訳じゃないんだけどね。 むしろ人の真似しかしていないかも。 今後は自分らしいエッセンスは入れていくつもりだけども。 結局、前人の知恵は偉大なわけですよ。 だったら、そこから学べばいい。

という感じで、エバーノートの使い方を色々見ていって、数種類の方法に分類してみた。

  • 「ノートブックを細かく別ける方法」
  • 「ノートは少なめで、タグで分類する方法」
  • 「どちらもあまり気にせずに、タイトルで分類する方法」

全てに共通するのは、後々に検索しやすくすること。 エバーノートの基本かもしれないけども<整理はしないで検索するべし>という感じ。 あ、これってAmazonさんの倉庫にも言える事ですよね。 あそこの倉庫って、商品がカテゴリごとに並んでない事で有名。 でも、それぞれの商品の場所はきちんと管理されていて、ごちゃ混ぜに並んでいるようでも探し出すのは用意にしている。

結局、整理が綺麗に出来過ぎるとそれだけで満足してしまう。 むしろ、綺麗に整理が出来ればいいけどもそれが出来ないうちは、整理することだけに集中してしまう。 最終的に、情報は活用しなければ意味が無いわけで。 活用するためには、再度読んだりしなくてはいけない。 そう考えると、まずは<検索>しやすくするのが必須条件になるね。

その視点で色々と分類していたら、この3つに絞られてきたわけ。 「ノートブック」「タグ」「タイトル」。 この3つのどれを使って検索しやすいようにするべきか。 こればかりは、個人の好みもあるので いずれ順番に紹介出来たらなと思います。

まずは、報告。

≪エバーノートが面白くなってきたよ^^≫

関連記事

PICK UP !!

  1. ここで言う≪ビジョン≫とは何だろうか? ≪ビジョン≫とは、言い換え…
  2. 一般的に、何も苦労が無く成功しているように見える人や「自由に遊んでますよー!」という雰囲気を…
  3. 今日は3週間ぶりのPGAゴルフスクール。 練習場には行っていたんだが、レッスンの間隔が…
  4. 添田真人のラーメンが食べたくてシリーズ(謎)。今回は、、、今回も、東京都北区に参上。 いや、本当に隠…
  5. 7才になる甥っ子が言った。 『オレには夢が2つあるんだぁ。 1つはサッカーの日本代表になるこ…
  6. スタッフにチラシのデザインを任せた夜。 悩みに悩んで一歩進む。また、悩みに悩んで一歩進む。…
  7. 利益なきビジネスは存在せず、 生まれた利益は土に染み込む水のようなもの。 吸い込もうとしても…
  8. ありとあらゆる事に「戦略」は必要ですし、有効です。 そして、その戦略を構築するにはまず「分…
  9. 私のススメる「BB戦略」は、「弱者のマーケティング」です。 その基本は「隙間を見つける…
  10. いまはDSやらプレステやらといったゲーム機が各家庭に普及していて、スマホでも無数にゲームは存…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る