レトロな雰囲気とゲームのようなグリーンが特徴のゴルフ練習場『土浦ゴルフセンター』に行ってきた

ゴルフを始めたわけだが、やはり日々の練習が必要になります。
継続した練習で必要になってくるのが「近さ」と「安さ」ですね。

練習場までが遠いいと、どうしても億劫になってきます。
そして値段が高いと、これまた継続するのは難しくなると思われ。

そんな理由から、私がホームとしたのがここ「土浦学園ゴルフセンター」
メインの仕事場から車で2~3分。完全に帰りに寄れるレベル。

それにしても、ある意味素晴らしい場所です。
なんといっても空いているww

誰も見ていないのはわかってるんですが、
やはり側に誰かが居ると気が散るというか、集中できないんですよね。

そこでこのゴルフ練習場なんですが。。。
まずは見た目が綺麗!というか、まるでゲーム画面(笑)
とてもカラフルな人工芝を敷き詰めております。evernote-camera-roll-20160912-161437

 

球の購入はプリペイドカード式なんですが、これがまたレトロなデザイン♪
貴婦人のようなイラストではありますが、クラブを肩に担ぐというある意味ワイルドな。。。
evernote-camera-roll-20160912-161437

 

平日でメンバーだと最安値で1球4.7円。これは安い!
都内のお洒落な練習場だと、1球15円とかありますからね。。。
3倍も練習出来る訳だ。

ちなみに、都内では当たり前の「入場料」「照明料」「打席使用料」などは
全て無料となっております。
evernote-camera-roll-20160912-161437

 

プリペイドカードは、この超レトロな器械に差し込む訳ですな。
1セットが33球となっていて、「1」を押せば33球。
「2」で66球、「3」で99球の玉がガラガラと出てきます。
evernote-camera-roll-20160912-161437

 

ん?ガラガラ?

そうなんです。首都圏では、床下から球が「ニュ♪」って
出てくるのが普通ですが、このレトロ練習場は昭和の香りを残します。
そんな手抜きや過保護な練習はさせてくれません。

まずはスーパーのバスケットのようなカゴをこの器械の下に置き
ボタンを押して出てきた球を好きなエリアに運びます。

そこには、このようなマシンが鎮座している訳ですね。
evernote-camera-roll-20160912-161437

 

そして、このマシンの上に口を空けているここに
球をガラガラガラーと流し込みます。
evernote-camera-roll-20160912-161437

 

しかし、全てが全てアナログな訳ではありません。

1球打ち終わると、それをセンサーで感知して、
奥からボールがコロコロと転がってきます。
evernote-camera-roll-20160912-161438

 

タイミングを見計らって、ゴム製のティー君がアップダウン。
転がってきた球をこれまた上手に頭に乗せてティーアップする訳。

なんだか可愛いですね
evernote-camera-roll-20160912-161438

 

このティーも、一応高さが変えられます。
高さ調節レバーを押すことで、7段階に調整可能!

だが、今回私が利用したエリアは
なぜだか何番に切り替えても、高さが変わることはありませんでした。。。
evernote-camera-roll-20160912-161438

 

グリーン部分は、もう歴史がありますがそんなのは気にしません。
ティーからボールを落として、好きな厚みのところで打てば
フェアウェイからセミラフまで、臨場感あふれる練習が出来るという親切さ♪
evernote-camera-roll-20160912-161438

 

ちなみにね、この練習場
曜日限定ではありますが、朝6時からの早朝練習に対応しております。

しかし!朝が早いとフロントが空いておりませんので
プリペイドカードを事前に買っておいた方だけが対象です。

フロントが空いてなくてもご自由に始めちゃってください(笑)
souchou

 

まとめ

昭和感あふれるゴルフ練習場。
最高の設備と環境をお求めの方にはお奨めできませんが
空いてる練習場で黙々と修行したい私のような人間には、かなり居心地がよろしい。

そんな「土浦学園ゴルフセンター」でした♪
http://www.gakuengolf.com/

evernote-camera-roll-20160912-161437

関連記事

オススメの記事

  1. 「ブルーオーシャン」という言葉をよく耳にします。 まだ誰も手を付けていない市場=まだ青い海…
  2. マイクロソフト・スパムと言ってもいいくらい目障りな Windouw10へのアップグレードを…
  3. 今日は友人のKちゃんの結婚式にお呼ばれした。 場所は恵比寿のウェスティンホテル。 うーん、アウェ…
  4. いまはDSやらプレステやらといったゲーム機が各家庭に普及していて、スマホでも無数にゲームは存…
  5. 今日は、パーソナルトレーナーの先生に 招待してもらって、お台場のにある ダイバーシティ屋上で「都…
  6. 「お金持ち」というものに世界共通のルールもなければ、 明確な基準があるわけでもありません。 …
  7. ここに、とある小さなレストランがあるとします。 こじんまりとした、夫婦二人で切り盛りするよ…
  8. ホームページの運営を始めると、 まず最初に訪問者数を気にし始めると思います。 &…
  9. ビジネスは、投資を何倍かにして回収する仕組み。 式にすると、投資×【X】=収入 です。 …
  10. 私はとにかくピザが好きなのである。 宅配ピザはもちろんの事、冷凍ピザも好きだし、その昔は実家の庭に…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る