読んでみた

「書斎の鍵」喜多川 泰

友人にお薦め頂いた書籍、
喜多川 泰さんの「書斎の鍵」。

昨日、日中に「出来る所まで読もうかな」。。。
程度に考えて読み始めたら、
思わず面白すぎて最後まで一気に読み切ってしまった。

自己啓発系と小説が一緒になった内容で
予想を良い意味で裏切ってくれましたね。

内容についてはネタバレしませんが
小説の部分だけ切り取って、面白いか否かを論ずるのは
この本に関しては違うかな。
正直、話の内容はある程度先読みできちゃったし。

それでも、小説の中でキーになる、ある書籍。
その書籍そのものを、途中に読ませてさらに後半に繋げる。
その裏にある哲学的な部分と本に対する想いが
色々と考えさせられた。

本好きならば、さらに本の世界に浸かりたくなるだろうし
あまり本を読まない人も、読書が好きになるかな。

うん、
「1冊でもそれが書斎」。
「自分が幸せになることでしか救えない人生がある」
なるほどなぁ。

久々に良い本に出合えました^^

まぁ、問題は。。。
暫く忘れていた乱読熱が再燃してしまい
さらにタイムマネジメントが難しくなるなぁ。。。w

そか、時間管理の本を読めばいいのか(笑)

(Visited 5 times, 1 visits today)
PAGE TOP