「タイムレート」を考えて、自分の時間価値を測る方法

lgi01a201405200300

「為替レート」というものがあります。

≪1ドル117円60銭≫とかいうあれですね。

 

つまり、簡単に考えると「お金の価値」の比較です。

『1ドルと117.6円というのは同じ価値ですよ』

と言っているわけですね。

 

ん?

 

では、ドルは円より117.6倍も価値があるのか?

そうとも言えませんよね?

 

それぞれの国の平均賃金も違いますし税率も違います。

ましてや物価も違いますから。

 

そう、簡単に比較が出来ないのは

≪共通のモノサシ≫が無いからなんですね。

 

 

さて、

 

誰もが大切にしている「お金」

そして誰もが好きな「お金」

そのお金の価値基準を比較するために≪時間≫というモノサシを

使ってみましょう。

 

何度もお話してますが

人間も、虫も、石コロだって同じ24時間の中を消費しています。

 

「この世で唯一、万物共通で与えられた資源」である≪時間≫

完全なる、共通のモノサシです。

 

たった10分間でFXで稼いだ10万円と、

10日間、工場で泥だらけになりながら働いて稼いだ10万円。

この手にした10万円は、本当に同じ価値なんでしょうか??

 

どちらの10万円も、買えるものは一緒です。

だからこそ同じ価値だと思うのでしょう。

ですが、その≪重み≫はまったくちがいますよね?

 

そのお金の重みを量る、ちょっとした遊び感覚の考え方。

≪お金と時間の為替レートを計算してみてください≫

 

つまり、

 

10分でFXで稼いだ10万円を、タイムレート(お金と時間の為替レート)で

計算してみると、 1円=0.0001分

 

10日間工場で働いて稼いだ10万円は、

1円=0.144分

 

それぞれが同じ1万円の買い物をしたときに手渡す1万円札。

受け取るお店側にとっては、同じ価値の「1万円」

 

でも、そこを時間に換金すると?

自分の24時間のうち≪1分間≫だけ換金したトレーダーと、

自分の24時間のうち≪1440分間=24時間!≫を換金した労働者。

同じ1万円でも、これだけ重みが違います。

 

 

一度、自分のお金の重みを計算してみてください。

なかなか無駄遣いができなくなりますから(笑)

 

 

 

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る