変化するターゲットに合わせてマーケティングを考える

127

あなたのお店が、大通りに面したお店だとします。

 

いまやってるアクセスアップというのは
『はい! いらっしゃい! いらっしゃい!!』と
叫んでいる状態。

 

インターネットという大通りを歩く、あかの他人に対して
自分の店の存在を気付いていただく…そんな状態です。

 

これは「集客」ではありません

 

たとえば、大通りを歩く他人が
あなたの大声に驚いて、1日1000人も振り向いたとします。

 

それでも、お店に入ってくれた方は100人程度。
商品を買ってくれた人なんて5人だったとします。

 

『今日はどうだった? お客さん、何人来た?』

そう聞かれたら何て答えますか?

 

≪お客さん、1000人きたよ!≫ とは言わないですよね?(笑)

 

ほとんどの人が、
≪お客さんは100人来たけど、買ってくれたのは5人だったよ…≫

 

そう答えると思います。

 

いいですか?
「集客」とは、その字のごとくお客様を集める事を言います。

 

お客様というのは、自分の商品やサービスにお金を出してくれる人。
お金を出してくれて初めて「お客様」です。
その前は、「見込み客」と呼びます。

 

先ほどの例に置き換えると
大通りを歩いている人は、ただの「他人」です。

 

1000人を振り向かせても、それで「認識」しただけ。

 

店に入ってきた100人が、「見込み客」
買ってくれた5人が、「お客様」です。

 

これを、きっちりイメージしてください。

 

ブログやホームページに置き換えます。

アクセスアップを目指しました。
その結果の訪問者数…これが「認識」レベルです。

 

訪問してくれて、すぐに離脱せず、きちんと読み込んでくださる訪問者。
この方々が「見込み客」です。

 

そして、商品を買ってくださったり
サービスに申し込んでくださった方々が、「お客様」になります。

 

「他人」→「認識」→「見込み客」→「お客様」
あなたのターゲットは、このように変化しています。

 

裏技も細かなテクニックも、実は必要ありません。
ある意味、一番重要なポイントが

 

ターゲットにあわせて、マーケティングを考える
という基準です。

 

 

 

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る