明確なビジョンが無いから、人は最初の一歩が踏み出せない

image26

ここで言う≪ビジョン≫とは何だろうか?

 

≪ビジョン≫とは、言い換えると≪目標≫とか≪夢≫です。

この目標設定が高ければ高いほど、人は頑張れます。

だって頑張らないと手に入らないですからね。

 

普通に生活していて手に入るような目標は

≪夢≫とは言いません。

どんなに頑張っても手に入らないもの…それも

≪夢≫と思っちゃいけません。

 

≪夢≫について根本的に考え方が間違っている人が多いですね。

「叶わないのが夢」ではなく、

「頑張れば叶える事が出来る」…それが≪夢≫。

 

人間は、基本的に怠ける動物です。

そこに、明確な行動する理由がないと、

適当な理由をつけて怠けるようにプログラミングされています。

 

まずは、自分も≪怠ける生き物≫である事を認識しましょう。

その上で頑張れるように、あなた自身がコントロールします。

 

一番簡単なのは、褒めてあげること(笑)

 

人間は、褒められて嬉しい生き物でもあります。

ならば、褒める回数を増やしてあげれば頑張るはずです。

 

褒める回数を増やすにはどうしたらよいか?

褒めてもらえる結果を多く出せばいいんです。

 

つまり、≪結果≫が出やすい小さな目標を

数多く用意することです。

 

大きな≪夢≫に到達するには、

小さな≪ハードル(課題)≫を数多くクリアしていけばいいんです。

 

野球のピッチャーだって

・ストライク3つで、アウト1個です。

・アウト3つで、1回が終わります。

・9回まで過ぎれば、試合終了です。

このワークが明確だから頑張れるけど、もしも

 

・27アウトを取るか、81ストライクを取ったら試合終了

これで頑張れます?

 

・1年間162試合、一戦一戦勝っていこうぜ!

そうすれば優勝が見えてくる!

ここまでは、何とか我慢できても…

 

・1年間で、4,374アウト取ればいいんだ!

ピッチャーは、13,122ストライク取るつもりでいけ!

これで頑張れますか?(笑)

 

 

人間が頑張るためには、

高い位置に≪目標(夢)≫を設定しなくてはいけません。

これが≪ビジョン≫です。

 

そして、そこに到達する過程に

細かい≪ハードル(課題)≫を設定します。

 

ハードルをクリアするごとに、自分を褒めてあげましょう。

 

なにかご褒美をあげてもいいですね。

「○○をクリアしたら、贅沢に外食しよう」とか。

 

ちいさな課題をクリアしていくモチベーションも維持しつつ

気づいたら大きな目標に近づいていけるのが理想です。

 

 

さて質問です。

よく 【月収100万円】 を目標にしている人がいますが…

その100万円の使い道を細かく書いてみてください。

本当に100万円も必要なのですか?

 

あいまいな金額ではなく、

 

「月収100万稼いで、海外に留学する」とか、

「娘の結婚資金にする」とか、

「独立資金にする」とか…

 

金額ではない、その先の≪使い道≫を夢に設定してみましょう。

そうする事で、その金額が現実的になってきますから。

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る