経営者であれば利益至上主義という考え方は≪あたりまえ≫な話。

ちょっと厳しい話かな。

だれでも、自分の労働に見合ったお金を手に入れたいですよね?
それは当然です。

でも、この「見合った」という基準は何?

「俺はこれだけ頑張った」
「私は、こんな時間まで働いた」

oh!

 

失礼を承知で言わせて頂きます。

「これだけ頑張った。 だから金をくれ」 これ笑止!!
「こんな時間まで働いたから、金をくれ」 これも笑止!!!

いいですか?

あなたがどれだけ頑張ったか。
その頑張りだけを評価してくれるのは、小学校で終了。

あなたの欲しいのは『お金』じゃないんですか?
『感謝の気持ち』や『なでなで』じゃないでしょ?

自分がもらう報酬というのは、
≪利益を生み、その中から自分の頑張り分だけ頂けるもの≫

これを忘れないでください。

 

農家で考えてみてください。

「俺、10ウネも掘った。 その分金をくれ」
「俺、半分以上種を蒔いた。 その分の金をくれ」
「俺、毎日水やってる。 その分の金をくれ」

この頑張りは、1円も利益を生んでないんです。
この時点では金銭的評価ゼロ!

この頑張りの先に、素晴らしい野菜が実り
それを収穫し、そして出荷。

ここで初めて利益です。

利益が出て始めて、
≪最初から今までの≫あなたの作業が総合的に評価されます。

 

重要なのでもう一度いいます。

 

利益が出て、それで始めて、
≪過去から現在まで≫のあなたの作業が
総合的に評価されます。

 

少なくとも、
『頑張った分は金がもらえる』
といった甘い考えは捨てたほうがいいかな。

起業家として立つのであれば、

≪報酬は利益を生んでからもらうもの≫
≪評価は利益が出てからされるもの≫

これを忘れないで下さい。

 

商人も一緒ですね。
≪利益は、商品が売れてから手に入る≫ですから。

もし、あなたが何かを造り上げるエンジニアであれば
販売とか売り込みは、他の人とと
しっかりタッグを組まないとダメです。

いい物作れば、あとは売ってくれる。
いい物作れば、買ってもらえる。
いい物作れば、評価される。

そんな甘い世界じゃないですよ。

 

売る方も同じ。
素晴らしい商品があってこそ、販売戦略がたてられます。
両者は対なんです。

作る人が偉いか
売る人が偉いか

答えは≪どっちも偉くない≫
はっきり言ってしまえば、どちらも半人前。

単体では1円も利益が出せません。

 

プロフェッショナルになるのなら、
まずは利益を生む事を最優先に考える。

完璧主義者はダメですよ。
いつまでたっても利益を生まないから。

よく、そんな感じの人を「芸術家思考」とか言ってもてはやしますが
とんだ勘違いです。

 

大作を残した、ゴッホやシャガール、そしてピカソなど。
彼らは自分の作品に大しては完璧主義でした。

それゆえ、1枚の作品に何年もかけたりするのに
生活できていたのは、バイヤーやパトロンの存在です。

自分の作品を評価してくれて、それをお金に変えてくれる人がいたんです。
昔の画家は、どれだけ大きなバイヤーやパトロンと出会えるかが
成功のカギでした。

また、日々の生活費を稼ぐ為に
小さなポートレートを書いたり、簡単な肖像画を書いたりしていました。

きっとそれらは、彼らにとって満足できる出来ではなかったのでしょう。
それでも、その日に生きていくためのお金を手に入れる為に
≪購入者が満足できるレベル≫の商品を提供してました。

需要と供給のバランスがとれれば、ビジネスは成り立ちます。
1円でも稼げれば、それは立派なビジネスです。

 

ただ、どんなに頑張っても
どんなに素晴らしい作品を世に送り出しても、
利益0円だったらそれはビジネスとは呼べないのです。
評価もされません。

まずは、利益までの最短ルートを見つけてください。
そして、その道を整備してください。
その後で、いくらでも、完璧を追求してください。

まずは、利益を得ることを考えましょう。

lgf01a201407151900

 

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る