落ちるくらいなら、勝てばいいじゃない

見えないものに対する敗北感を払拭する唯一の方法は、
歩き続ける事で。

走らなくても構わないから、
歩き続けることで。

自分の立ち位置って、
自分では見えなくて。

他人の決めるポジションを求めて
自分を殺して。

用意された場所に座ってホッとしてる間に、
仮面を付けた世間には置いていかれるもので。

見えないステージから見下ろすよりは、
自分の足で立って、
上を見上げた方が進路は良く見える訳で。

ただ、選ぶのは自分。
動くのも自分。

唯一他人が主導権を握る行為、
それが「評価」。

その評価で
喜怒哀楽するのも自分。

どこに居るのか?
どこを見るか?
どこに行くのか?

それを決めるのは自分。

落ちるくらいなら、勝てばいいのです。
圧倒的大差で勝てばいい。

でも実は
勝敗を決めるのも、自分。

20150302 153814

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る