『やんばる2』ロジック

スクェアキープ:週またぎに効果的な延命手法

金曜日深夜、週またぎで現在保有しているポジションをどのように扱うべきか。
これは毎週のように頭を悩ませる大きな課題だと思います。

本来、エントリーしているポジションがマイナスの場合、
週明けにさらに大きなマイナスになる事を懸念しますよね。
だからポジションを閉じたいのですが、そうすると損失が確定してしまう。

少ない確率かもしれないけども、もしかしたら週明けには反転しているかもしれない。
なのにここで損失を確定してしまうのはどうも気が引ける。
という状況は往々にしてあるものです。

本来であれば「損少利大」の精神で、危ない橋を渡らないように週末には
決済してしまうのが理想です。しかし含み損が多額の場合はそれすら躊躇してしまいます。

そんなときは、選択肢の一つとして
「延命装置(スクェアキープ)」も考えてみてはいかがでしょうか?

説明しよう
スクェアとは、「決済してポジションを手放す」ことを言いますが、それとは別に「両建てエントリーを入れてポジションの損益が動かないように固定する」手法の事も指します。

具体的には、、、

仮に今現在、
ロングで1.0ロット、-30,000円
の含み損を抱えているとします。

これが週明け相場はさらに下がって、-10,000円が上乗せされました。
含み損は-40,000円に膨れ上がってしまいます。

しかし、週末の市場が閉じる前に
ショートで1.0ロットのエントリーを入れておきます。

月曜日になって、相場が10,000円分下降したすると
最初に入っていたロングポジションは先ほど書いたように
-10,000円の損失を上乗せする事になりますが、
両建てで入れたショートポジションに関しては
+10,000円の利益を確保できています。

合算すると、現在のポジションは-30,000円となり、週末の保有損益幅をキープしています。
これが延命装置「スクェアキープ」という手法です。

もちろん、実際にはスベリがあったり、スプレッドロスがあったり、
同じロット数を両建てするのが難しかったりとぴったり同じにはなりませんが。。。
それでも、二択で運命を天に任せるよりは、精神安定上良いのではないかと思います。

このスクェアキープは、北朝鮮などのファンダメンタルズによる
突然の相場変動でも有効です。

いきなり大きく動き出した相場が今後どこまで続くのかわからない。
いつ反転するのかわからない。
そんな時はポジションを閉じてしまって静観するのも方法ではありますが、
両建てを入れてスクェア状態で損益を固定してしまい、様子をうかがうのも一つの戦略です。

また、含み損が多すぎて、しかも自分のポジションと逆に相場が動き続けている場合。。。
損切ももちろん重要ですが、あえて延命装置を発動させて大きなトレンドが来るまで耐え忍ぶ。。。
というのも無くはないと思います。

通常では両建ては、結果損してしまう手法と敬遠されるかもしれませんが
「ある程度の損益幅を固定する」という理由で在れば、
十分に使える手法ではないかと思います。

(Visited 8 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 『やんばる2』ロジック

    「やんばる2」/ドレスダウンした最新ロジック

    最初の「移動平均線の循環法則(以下:「循環法則」と記載)」を元…

  2. 『やんばる2』ロジック

    開発中ロジックの「Scode」。その全貌をチラリと公開

    仲間と一緒に検証をしてきた新しいロジック「Sccode」がだいぶ形にな…

  3. 『やんばる2』ロジック

    ロジック名称を「Scode」から「YANBARU」に変更しました。

    今まで、私のFXロジックは「Scode(エスコード)」という名称でした…

PAGE TOP