まず入手した情報から一部抜粋。

マーケット関係者によれば、107円レベルに本邦勢のドル買いが並び始めている模様。現在のUSDJPY相場は、単なる戻しである可能性が高い。しかし、その戻しも108円レベルが限界かと思われる。

上記の情報から推測すると、現在のUSDJPY相場はフィボナッチに弾かれて下降開始。この位置が、上記に出てきた108円レベルとほぼ一致するので信憑性高し。
ここから下降に入ると読んでも、107円レベルに強いサポートラインが形成されているならば、ちょうどその少し上あたりにピボットレベルが来るので、これも信憑性高し。

ということで、ここからは緩やかに下降するのではないか?
TPはピボットレベル辺りで。