スクェアキープ:週またぎに効果的な延命手法

金曜日深夜、週またぎで現在保有しているポジションをどのように扱うべきか。
これは毎週のように頭を悩ませる大きな課題だと思います。

本来、エントリーしているポジションがマイナスの場合、
週明けにさらに大きなマイナスになる事を懸念しますよね。
だからポジションを閉じたいのですが、そうすると損失が確定してしまう。

少ない確率かもしれないけども、もしかしたら週明けには反転しているかもしれない。
なのにここで損失を確定してしまうのはどうも気が引ける。
という状況は往々にしてあるものです。

本来であれば「損少利大」の精神で、危ない橋を渡らないように週末には
決済してしまうのが理想です。しかし含み損が多額の場合はそれすら躊躇してしまいます。

そんなときは、選択肢の一つとして
「延命装置(スクェアキープ)」も考えてみてはいかがでしょうか?

説明しよう
スクェアとは、「決済してポジションを手放す」ことを言いますが、それとは別に「両建てエントリーを入れてポジションの損益が動かないように固定する」手法の事も指します。

具体的には、、、

仮に今現在、
ロングで1.0ロット、-30,000円
の含み損を抱えているとします。

これが週明け相場はさらに下がって、-10,000円が上乗せされました。
含み損は-40,000円に膨れ上がってしまいます。

しかし、週末の市場が閉じる前に
ショートで1.0ロットのエントリーを入れておきます。

月曜日になって、相場が10,000円分下降したすると
最初に入っていたロングポジションは先ほど書いたように
-10,000円の損失を上乗せする事になりますが、
両建てで入れたショートポジションに関しては
+10,000円の利益を確保できています。

合算すると、現在のポジションは-30,000円となり、週末の保有損益幅をキープしています。
これが延命装置「スクェアキープ」という手法です。

もちろん、実際にはスベリがあったり、スプレッドロスがあったり、
同じロット数を両建てするのが難しかったりとぴったり同じにはなりませんが。。。
それでも、二択で運命を天に任せるよりは、精神安定上良いのではないかと思います。

このスクェアキープは、北朝鮮などのファンダメンタルズによる
突然の相場変動でも有効です。

いきなり大きく動き出した相場が今後どこまで続くのかわからない。
いつ反転するのかわからない。
そんな時はポジションを閉じてしまって静観するのも方法ではありますが、
両建てを入れてスクェア状態で損益を固定してしまい、様子をうかがうのも一つの戦略です。

また、含み損が多すぎて、しかも自分のポジションと逆に相場が動き続けている場合。。。
損切ももちろん重要ですが、あえて延命装置を発動させて大きなトレンドが来るまで耐え忍ぶ。。。
というのも無くはないと思います。

通常では両建ては、結果損してしまう手法と敬遠されるかもしれませんが
「ある程度の損益幅を固定する」という理由で在れば、
十分に使える手法ではないかと思います。

関連記事

PICK UP !!

  1. 常に100%の力で100%の成功を目指すのは悪い事ではないし、間違ってはいない。 しかし1…
  2. 商談やプレゼンをする場合に、その成功率をアップさせる2つの簡単な方法。 (1)一番トッ…
  3. あなたのお店が、大通りに面したお店だとします。 いまやってるアクセ…
  4. その昔、あるメンターに 「環境問題が騒がれているから、私も自分の環境問題にとりくむよ。…
  5. うちの奥さんは、家電量販店などでの値引き交渉が苦手です。 絶対にもっと安くしてもらえるはず…
  6. あるクライアントさんら自社ホームページの成約率アップについて相談があった。 このお店は「フ…
  7. 何を始めるにしても≪最初の一歩≫が踏み出せない人 意外に多いと思います。 その一歩を踏み出し…
  8. ビジネスは、投資を何倍かにして回収する仕組み。 式にすると、投資×【X】=収入 です。 …
  9. 人は自分の内面にズカズカ入り込まれるのを嫌います。 その反面、"実は本当の自分を理解してほ…
  10. あるクライアントさんから聞いた話。 《インターネットを使って仕事をしたいが、顔は出した…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る