『ピッツェリア アルベリ』:天然酵母を使った本格ナポリ風ピッツァと世界のビールを堪能する【王子】

私はとにかくピザが好きなのである。
宅配ピザはもちろんの事、冷凍ピザも好きだし、その昔は実家の庭に耐火煉瓦200個を積んで
ピザ釜も作ったりしました。それくらいピザが好きなのである。

だから、イタリアンもよく食べに行くし、色々な所でピザも頼む。そんな私ではありますが、
今回間違いなく私的トップ3に入るであろうお店を見つけてしまいました♪
これはヤバいですよ。

場所は「JR 王子駅」から徒歩3~5分程度。
駅前通りから1本裏に入ったビルの、半地下に位置する「ピッツェリア アルベリ」さん。

407909_615

 

店内は、元々オーストラリアにサーフィン留学していたというオーナーの趣味なのでしょうか?
マリンテイストで、手作り感満載の落ち着いた雰囲気。いい感じです。

img_7697

 

そして、世界のビール好きなオーナーの趣味で
IPAをはじめとするビールたちが、ドドーン!とお迎えしてくれます。

640x640_rect_47010474

 

まずは、ピッツァを注文して待ってる間にビールを楽しみましょう。
ちなみにこちらは、大好きなIPAの「PUNK IPA」です。芳醇な香りがまたピッツァとあう!

img_2197

 

ビールのお供、サイドメニューも充実してます♪
「生野菜(ハーフ)」(380円)、「くんせいナッツ&ビーフジャーキー」(380円)

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-05-15-33-23

 

「Nサラミ&Sサーモン」(480円)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

肝心のピッツァはというと(さっきまで「ピザ」って書いてたのにw)
天然酵母の生地で作ったピッツァを、木質ペレット燃料の窯で焼き上げた
本格派!

まず食べてもらいたいのは、定番の「マルゲリータ」
直径28cmくらいの本格派。これで580円なのだから驚きです!

img_2195

 

とにかく、まずはこの生地を味わってもらいたい♪
表面がパリっとしてるのは言うに及ばず、完璧な薄さ。

ピッツァっていうのは、薄けりゃ薄い方が良いってもんじゃない。
薄すぎると、ただの煎餅みたいになっちゃうしね。

この完璧な厚さと、完璧な焼き具合。
そして天然酵母の生地を食べたら、他のピッツァが食べられなくなります。
いやマジで(笑)

SOEDA
ちなみにこの生地、冷めても美味しいんですよ。
普通は固くなってしまいそうなんですが、そうならない。
だからテイクアウトも人気なんですね。納得。

 

続いて注文したのは、シンプルな「チーズピッツァ」(900円)

img_1901

 

そして、私的に最高の1枚だったのが、「プチトマト」(1000円)!
これバジルソースなんですが、もう鳥肌ものの美味しさでした。
期間限定メニューで、そろそろ無くなるらしいのが残念。
復活を祈ってみたいとおもいます^^

img_2199

 

友人と行ってて、火が着いてしまった私は
このあともシチリアでは定番らしい「シラス」(900円)をつまみに、ビールを堪能してましたw
いや呑みすぎですな。。。

img_1900

 

もうねぇ、ピッツァは美味しいし
世界のビールは揃ってるし、オーナーは素敵な人だし。
居心地良すぎて困ります(汗)

11

 

王子の町でホッコリと営業している
癒し系のピッツァ屋さん、「アルベリ」。
ぜひ行ってみてください。 ホッコリしますよー☆

 

「ピッツェリア アルベリ」

関連記事

オススメの記事

  1. 約二ヶ月前、肩を怪我してからもう何箇所の病院や治療院に通っただろうか。 総合病院、鍼灸医院、接骨院…
  2. RTMでタスク管理してみませんか? 私の場合、フル活用しているのが無料タスク管理サービスの「R…
  3. 「為替レート」というものがあります。 ≪1ドル117円60銭≫とかいうあれですね。 …
  4. 先週初めて伺った時は、右肩に大人の拳2個分位の炎症。 夜、寝る事も出来ないくらい辛かった。 …
  5. この世に存在するお金を自由に増やせたら、それは凄い事ですよね。 魔法使いや犯罪者でなくともそれが簡…
  6. 今日は、「asiato」という格闘技のイベントにお邪魔してきました。 …
  7. なんか、違うんだよねぇ。 そんなにみんなと仲良しゴッコがしたいのだろうか? 「いいヒト」って…
  8. まず、画像が「ピュ!」っとポップアップするのは「Lightbox効果」と呼ばれます。 実際に見…
  9. 力とは「影響力」のこと 力学と言うのは、<ある物体に働く、力と運動の関係>を論じる物理学の部門…
  10. 防水機能がついたり、suicaが使えるようになったり、革新的な技術進歩が見られなくてもユーザ…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る