クラブバックとゴルフボールを買ってみた

▼ クラブバック「アズロフ セルフスタンドバッグ」

ゴルフを始めると、とにかく練習がしたくなる。
正直いままでは駅でビニール傘をクラブに見立て素振りをしている人を
冷ややかな目で見ていた。でも今は少しその気持ちがわかる。

レッスンは週1回しか通えない。
しかし、そこで宿題は出されるしもっと練習したいし。。で
自主練をしようと思い立った。

練習場にクラブをむき出しで持っていくのが嫌で
クラブバックを物色。

何でも形から入る添田さん。
でも、それでもいいと思うんですよ。
むやみやたらに道具を買い揃えても仕方ないけど
ファッションでも小物でも新しいものを買うとテンションが上がる。

テンションが上がれば、練習にも行ってみたくなる。
運動でも勉強でも、継続してやり続けるには
自分のテンションを維持するのが大事だと思う訳ですよ。

と、いうことでクラブバック。
ネットで色々と情報を探していて
練習場でこんな感じで立てかけられる方が良いと。
イメージはこんなやつね。

クラブスタンド

<引用:https://jooy.jp/>

 

色々探し回った結果、ネットで見つけましたよ。
54デザイン(笑) 値段も手ごろだしね。

アズロフ セルフスタンドバッグ

 

まずは値段が安いのと、使い勝手がよさそうな所。
さらにはデザインが54種類って事はまぁ、好きな色があるだろうと。

で、選んだのが迷彩仕様。

love_golf47-img400x600-1440512679tjkk1z3605

ギミックが面白い。
普段持ち歩くときは、スタンド部分がケースに寄り添うようにくっついて、
地面に置くと「パッ」って足がひらく。

うん、いい感じ^^

▼ ゴルフボール「ナイキ パワーディスタンス ソフト」

gl0724-02ゴルフボール。

まだコースデビューする予定すらないのに必要ないかもしれない。でも、常に近くにある事でイマジネーションもアップする。ということで、ゴルフボールについて色々と調べてみた。

構造とかそういう所は、おいおいで良いかと思うので実際にコースに出た場合、自分が使うにはどれが適しているのかと。

色々と意見はあるものですね。
「安いボールは飛ばないので、初心者ほど良いものを使うべき」
「ロストする可能性が高いので、最初は安いボールで十分」
うん、どちらも納得できる。

でもちょっと違う視点から考察。

今回、クラブセットをナイキで統一したのは
ナイキがゴルフギアから撤退するといううわさを聞いたから。

今後のメンテナンスをどうするのか?とか
そんな事は知ったことじゃない。

ナイキはマークもカッコいいし
しかも撤退するということは、使っている人はどんどん減っていきレア。
さらに値引きもされていくだろうしね^^

と、スタートからナイキに絞ったのであれば
ボールもナイキにするべきじゃないかな?という単純な理由。

でもレビューを見てても、このソフトボールは
初心者向きと書いてあるしね。

さ、あとは色。

蛍光イエローとオレンジがあるとな。
オレンジはマッシュワークスのイメージカラー。
迷わずオレンジをチョイス。

どの程度使うか、
本当に良いのかわからないので注文は1ダース。

まずは買ってみた。


SOEDA
今回買ったのはコレ
「アズロフ セルフスタンドバッグ」

「ナイキ パワーディスタンス ソフト」

関連記事

PICK UP !!

  1. 一般的に、何も苦労が無く成功しているように見える人や「自由に遊んでますよー!」という雰囲気を…
  2. 知識、スキル、人脈、そして時間。自分の手持ち資産には限りがありますから、 ビジネスでは常に…
  3. 撮影した写真を自動的にPCに保存していた iPhoneで撮影した写真の管理方法としては、iPh…
  4. 仲間と一緒に検証をしてきた新しいロジック「Sccode」がだいぶ形になってきた。 まだまだ調整しな…
  5. ここ数週間、かなり肉体的にも精神的にもヘビーな事が重なった。 既に峠は越えたというか、ここから…
  6. 商売をしてて(これが人生でも恋でもね) やっぱり「顧客満足」って考えると思うんですよ。 …
  7. ついに2020年東京オリンピックのエンブレムが決定。 2020年、東京オリンピックのエンブレムが紆…
  8. ▼ マイナスの感情をコントロールする方法 「嫌い」とか「嫌だなぁ」とか「不味い」とか。 人は…
  9. 私のススメる「BB戦略」は、「弱者のマーケティング」です。 その基本は「隙間を見つける…
  10. 時間を切り売りするビジネスには限界がある しかし、基本的に収入とは労働に対する対価が原則。…

Editor:添田真人

MASATO SOEDA

経済大学の付属高校を卒業するも、エスカレーター進学を拒否して映画の専門学校に入学。卒業後は仕事として海外紛争地域の難民キャンプを3年間撮影で巡ることに。その際『家』の大切さに目覚め、建築職人として修業の道へ。しかし、計画倒産に巻き込まれて起業を余儀なくされる。自分の会社を存続させるために、必要に迫られて本格的なマーケティングを学ぶ。

その後コンサルタントとして独立し、"力学思考"という独自の戦略理論を構築。現在はその思考法をベースにした、力学マーケティングをクライアントに伝授する『事業プランナー』として活動中。

他にもトレーダーとしての顔を持ち、場所・時間・お金に縛られることなく楽しんでいる≪戦略型ノマドライフ≫な日常生活を、自由気まま好き勝手に書き綴っています。

PROFILEは、コチラ

過去の記事

ページ上部へ戻る