弱者が交渉を成功させる2つのポイント

商談やプレゼンをする場合に、その成功率をアップさせる2つの簡単な方法。

(1)一番トップから攻める。
(2)常識の裏側を見せる。

これだけ。

大きな会社ほど

これが業界の普通だよ

今までこれでやってきたんだよ

といった意味のない常識に固められています。

その常識を裏から攻める戦略を考え、 一番大手(トップ)からプレゼンを開始。

すでにある分野で成功している会社は
非常に嗅覚が優れている可能性が高い。
常識に甘んじることなく、挑戦心は持っています。

でもその「常識」から抜け出せないのも事実。
だからこそ、一般的な常識とは別のアプローチを仕掛けると
本当に容易に話がまとまります。

大企業であればあるだけ「差別化」を意識しています。
そして、意外に「面白い事」に飢えていたりするんですね。
時には中堅や下位企業の方が保守的だったりします。

注意深く辺りを観察し、
足を止めている人の背中を押すのは難しいですが、
走っている人の背中を押して方向を変えちゃうのは簡単なのです。

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る