起業回想録

第02話『ガンプラ』~人生のキーマンとなる友人との出会い~

1970年代後半、街には「スペースインベーダー」の侵略により、インベーダーハウスなる名称のゲームセンターが溢れていた。相変わらず家庭用ゲーム機は普及していなくて、ゲームは町のゲームセンターでやるもの。と、相場は決まっていた。

当時のゲームセンターは「不良の溜まり場」や「危険な場所」という認識は少なく、駄菓子屋の延長で「小学生たちの社交場」だった気がする。

絶対にやたらと上手なお兄さんとかがいて。そのお兄さんのプレイを後ろから眺めて覚えて。そして自分でやってみるけど上手に出来なくてまた覗き見して。そんなことを繰り返していたらすぐに時間なんて過ぎてしまう。結局、お小遣いもそれほど使わなくて済んだ。

もうひとつ、この田舎のインベーダーハウスに子供たちが集まる理由があった。それは「機動戦士ガンダム」。最初の人気はイマイチで、後々火が付いたといわれるガンダムだけど、僕たち小学生の中ではすでにブームが起きていた。そしてこのガンダムのプラモデル、通称「ガンプラ」が登場したのも実はこの時代。

当然、自分の手で作ってみたい。そう思っても当時はホビーショップなど存在しない。駄菓子屋の奥の棚に少しだけプラモデルが入ってる程度。おもちゃ屋さんには売っていたのかもしれないが、田舎の小さな町におもちゃ屋さんは存在していなかった。いや、あったのかもしれないけども自転車でしか行動できない僕たちのテリトリーの中には、少なくとも存在していなかった。

そんな中、僕たちでもガンプラを簡単に変える場所。それが当時のインベーダーハウスだった。町の小さなゲームセンターに子どもの好きなプラモデルを入荷して販売する。今考えると、子供相手になんちゅう商売かと思うけど、需要と供給が一致していたのでもちろん誰も文句は言わなかった。

という環境だったので、学校が終わって公園で遊び、夕方から夜にかけてインベーダーハウスでゲームを少しやっては同じよ言うな境遇の子供たちとガンプラの話を繰り返してた。

ガンプラを自分で買いだすと、当然うまく作りたくなってくる。それには、思い通りに色を塗らなくてはいけない。当時はそれを「プラカラー」って言ったかな?そのプラカラーを数多く揃えなければどうしても上手には出来ない。しかし。。。そのプラカラー1色で、インベーダーゲームが数回出来るような金額。僕らには高額だった。

しかし、彼だけは違った。彼の家は特別裕福でもなかたし、普通のサラリーマンの家庭だった。だけどもどちらかと言うとインドア派だった彼の部屋には、たくさんのプラカラーがきれいに整列されて揃っていた。

もしそれを自由に使っていいとしたら?

プラモデルのセンスがないのを、色が足りないせいにしていた僕は(この環境下でセンスのなさがさらに露になっていくとも知らずに)この環境に狂喜乱舞した。

もともと自転車で動ける範囲内でしかテリトリーを持たない僕たち。インベーダーハウスで知り合った彼の家も、当然自宅から自転車で移動できる程度の距離に住んでた。僕はそれから、何かといえば彼の家に遊びに行くようになる。

今想うと、ここで出会った彼がおそらく一番大きな人生のキーマンだったかも。

つづく

(Visited 19 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 起業回想録

    第01話『インベーダーハウス』~はじめてコンピュータを身近に感じる~

    いまはDSやらプレステやらといったゲーム機が各家庭に普及してい…

  2. 起業回想録

    第00話『起業回想録』~添田真人が出来るまでを振り返る~

    一般的に、何も苦労が無く成功しているように見える人や「自由に遊…

PAGE TOP