加速しながら成功に近づく「収穫加速の法則」

kasoku

収穫加速の法則というのがある。

アメリカの発明家「レイ・カーツワイル」の提唱した理論です。

 

簡単に(添田的解釈をいれて)説明すると、

ある行動。。。たとえば「飛び込み営業」という行動を例にしましょう。

 

最低でも毎日10件は飛び込み営業をするぞ!

そして最低でも1日1件の成約を目指す!

 

そんな目標を抱いている営業マン。。

この目標は、10件まわって1件成約なので、成約率10%が目標です。

 

これを直線的な計算で考えると、

1か月は30日ですので、月にまわれる件数は300件。

そして新規の成約が30件。やはり成約率は10%ですね。

 

しかし、物事にはその「収穫加速の法則」というのがあって

≪一つの発明は他の発明と結びつき、次の発明までの期間を短縮する≫

という考え方。。。

 

つまり、この例に置き換えると

最初は1日10件しかまわれなかった営業も、

そのうち慣れてきて1日に20件はこなせるようになるかもしれない。

 

そして、10件まわって1件しか受注できなかったのが

セールストークも上達してきて、今では10件まわれば3件は成約できる。

 

1か月は30日。

つまり600件の営業を仕掛けて、180件は成約出来るように成長した。

これは、成約率30%ですね。

 

しかも、ただ成約率が3倍になったのではなく(90成約のはず)

まわる件数も増えたので、成約件数は既に6倍になっています。

 

何が言いたいかというと、

物事というものは、ひとつの経験を達成させると

その次の経験達成までの時間は、どんどん短くなるというもの。

それが「収穫加速の法則」です。

 

貯金も副業もダイエットだって同じです。

「こんな事やってたって、何にもならないよ」

と思うかもしれない。

 

でもこの世には収穫加速の法則がある。

続ければ続けるほど、貯金の額も、副業の収入も、

減っていく体重だってどんどん加速していくものなのです。

 

どんな夢があるかわかりません。

どんな目標があるのか知りません。

それでも最短の近道は、≪継続する≫ことでしかないのです。

関連記事

MASHWORKS 管理人

mash2

添田 "マッシュ" 真人

映画製作の会社を退職し3年間の海外難民キャンプ放浪。帰国後に実践的なマーケティングを学び1993年に独立。『力学思考』をベースとした「戦わずに勝つ戦略」を提唱する異色の事業プランナー。

過去の記事

ページ上部へ戻る