ウェブ戦略

ウェブショップは初期投資がかからないって?

lgf01a201501130800

『ウェブショップは初期投資がかからない』

それを理由にコンサルを申し込んで来る方が最近多いです。

(以下、ウェブショップ=ECショップと表記)

 

たしかに、素晴らしい商品をお持ちの方もいらっしゃいます。

先入観のない私ですら、そんも商品が魅力的に見えてしまうのだから

きちんとマーケティングを仕掛ければ、結果はついてくるでしょう。

 

だがしかし!

 

インターネットで商品を販売しようとしている方の多くは、

≪先行投資が少なくて済むから≫といった理由で

ECショップを開店しようとします。

 

先行投資とはなんぞや?

 

そういった方々の多くは、

先行投資を「開店するまでの資金」だと勘違いしています。

これは、俗に言うイニシャルコスト。つまり「初期投資」です。

 

先行=初期 と考える。

このお手軽感を魅力に感じてWEBショップに進出する方

これまた結構危険ですよ。

 

 

最初のゴールを、「開店するまで」と考えずに

「最初の収入が入るまで」と考えてみてはいかがでしょう?

 

先行投資が少ないとはいえ、0円ではないはずです。

ということは、少しでもお金を稼がないことには

赤字です。 これはビジネスとは言えませんね。

 

 

面白い統計があります。

 

少し前にアメリカで、

「開店から最初の1ドルを稼ぐまでに、投資した金額」を

アンケート調査しました。

 

その結果、最初の1ドルを徴収するのに

平均84ドル投資したという結果が出ています。

 

 

インターネットは、ビジネスのツールの一つでしかないんですよ。

投資金額が少ない…それは開店までの話です。

 

利益を上げるまでの初期コストは、

ヘタしたら路面店よりも高くつくときもあるほどです。

 

安易に考えないでほしいなぁ と思っていた

今日この頃でした。

(Visited 7 times, 1 visits today)

関連記事

  1. WORK

    「3つのNOT」:超えなきゃいけないお客様の見えない壁

    飛び込み営業でも、物販でももちろんインターネットビジネスで…

  2. タスク管理・効率化

    時間が無いんです。。。は、嘘

    クライアントさんに色々お話をする過程で出てくる言葉。そこに…

  3. ウェブ戦略

    世間の常識=インターネットの非常識

    このブログの作者は、私「添田真人」です。私のプロフィールを…

  4. WORK

    「トリプルメディア構想」というフレーミングを用いた、メディア戦略

    「マルチマーケティング」「フルマーケティング」「クロスメディア…

  5. WORK

    「アブダクション」:仮説の信憑性を探る方法

    ありとあらゆる事に「戦略」は必要ですし、有効です。そして、…

  6. タスク管理・効率化

    「時間的自由」その本当の意味

    「時間的自由を得るために働いているのに、スケジュールがパンパン…

PAGE TOP