タスク管理・効率化

タイムレバレッジ~時間が無いと嘆くなら、他人の時間を有効活用

262h

知識、スキル、人脈、そして時間。自分の手持ち資産には限りがありますから、
ビジネスでは常にレバレッジを意識しないとなりません。

成果があまりう出なかったときに、やたら聞く言葉が

時間が無かったから

 

このブログで何回もお話させていただいてますが
時間は万物共通に平等に与えられた唯一の資産です。

ミミズだって、オケラだって、アメンボだってー
皆同じ24時間を生きています。
時間が無いのではなく、時間の使い方が下手なんです。

そこで、先程のレバレッジ。
これは投資の世界でよく使われる用語です。

レバレッジ=テコの原理を利用するように、信用取引などを活用して
手持ちの資金よりも大きな金額を動かすことを差します。

お金も時間も同じ資産です。
あなたは大切な資産(時間)を投資して、お金を得ようとしています。
これも立派な投資の世界。もっとレバレッジを意識してみましょう。

自分の時間は増えません。
あたりまえですが、実質的に時間が増えるわけがないので、
≪手に入れる時間≫というのは必然的に他人の時間ということになります

今まであなたがやっていた作業を徹底的に洗い出し、
外注さんや家族や仲間に手伝ってもらうことで、時間のやりくりをします。
つまり、タイムレバレッジですね。

外注さんを雇うお金が無い。。。
と良く聞きますがよく計算してみてくださいね。

説明しよう

あなたが1時間の作業で1,000円稼いでいたとします。
その作業を3分の指示で外注さんに依頼した場合、
1,000円を生むためのタイムレバレッジは20倍です!

当然、外注さんに頼んだ場合には経費がかかります。
ですが、タイムレバレッジが20倍なのですから
手元の利益が1/20、つまり50円になっても
それはイコールです。
結果、時給950円で外注さんを雇っても同じこと。

1時間で1,000円稼げる外注さんを雇うのに950円。
3分の指示で稼いでもらった利益は50円。
タイムレバレッジが20倍なので、
その利益は50円x20倍=1,000円と同等と考えます。

それじゃ意味がないって?

今まであなたが1,000円稼ぐために使っていた1時間。
タイムレバレッジで同等価値を手に入れたうえで、
さらに57分も余裕ができました。

たとえばの考え方。

この57分で、3分の指示があと19人に出せますね?
もちろんトータルで20人。
50円の利益X20人なので、手元には1,000円入ります。

これでは変化ないかもしれない。
しかし、もしこの外注さんに940円でお願いできるとしたら?

1時間で得られる利益は、一人当たり60円になりますね。
合計で20人いるのですから、60円x20人=1,200円。
最初の1,000円から考えると20%の利益増です。

利益のためには外注さんを泣かせろと言ってるわけじゃない。
自分の働く時間は変わらなくとも、利益は増やせる。
そういう考え方もある。と、知ってほしいのです。

自分の時間を切り売りしているうちはワーク(労働)です。
レバレッジを意識して利益を生むようになれば、
それはビジネス(事業)となるのわけ。

(Visited 4 times, 1 visits today)

関連記事

  1. タスク管理・効率化

    すきま時間を活用する

    最近、打合せなどで移動する際に電車の中の様子をよく観察します。…

  2. WORK

    「トリプルメディア構想」というフレーミングを用いた、メディア戦略

    「マルチマーケティング」「フルマーケティング」「クロスメディア…

  3. WORK

    「USP」:お客様があなたを選ぶ理由は何ですか?

    「USP」という言葉はご存知でしょうか?unique se…

  4. WORK

    加速しながら成功に近づく「収穫加速の法則」

    収穫加速の法則というのがある。アメリカの発明家「レイ・…

  5. タスク管理・効率化

    メール処理に無駄な時間を使わない

    日々の作業のうち、一番重要でありながら、一番無駄な時間…

  6. WORK

    「ランチェスター戦略」:弱者の為の最強戦略

    ランチェスター戦略って何?スモールビジネスの運営者だったら、絶…

PAGE TOP