仕事のはなし

睡眠時間3時間で1年間働いた。それでも年収492万円の奴隷の話

自分の本業以外に、もうひとつ収入源を確保する「ダブルワーク」が流行です。

この「ダブルワーク」と「ビジネス」の違いがいまいち曖昧な人が多い。
ビジネスというのは「仕事」「職業」「事業」「商売」の事です。
そして、ワークというのは「労働」です。
(厳密には「仕事」も含まれますが)

「労働」というのは、ウィキペディアによると

奴隷制の一形態として人間が肉体や道具を用いて対象にはたらきかけ、
人間や動物にとって有用なものをつくりだす行為である

…奴隷ですって(笑)
なんとも恐ろしい表現ですが…あながち間違いとは言えません。

もっと簡単に表現すると「労働」とは、
≪自分自身が動いて、利益を生み出す行為≫。

ビジネスは、仕事全体を指し
ワークは、自分自身の労働を指します。

 

自分自身が動くということは、
万物平等に与えられた24時間という時間を、その行為に消費しているはず。
つまり、時間の切り売りをしている訳です。いわゆる「時給」ですね。

アルバイトの平均時給は、992円と言われています。(2013年度調べ)
これは、自分の1時間を992円で売っているということ。

1日は24時間です。

1時間992円で売っている方は、1日あたり23,808円の価値です。
1年間では、8,689,920円の価値。

 

年収860万円。かなりの高給取りと思うけど
一睡もせずに働いたとした場合。これは絶対に無理。

毎日3時間睡眠。移動時間2時間、食事や休憩で3時間。
一日の労働時間は16時間。
8時間労働のフルワークが2つこなせるダブルワークですね。

1時間992円なので、日給15,872円。
1年間休みなく働いたとしても、年収5,793,280円。

 

バイト先も週1回は休みがあるでしょう。
年末年始の3日間くらいは休みになるかもしれません。

そうすると、年間働けるのは310日。
日給15,872円なので、年収4,920,320円。

これでは本当に奴隷と一緒かもしれません。。。

 

利益を求めるのが大前提だとすれば、
自分の時間を売って利益を稼ぐ「ワーク」は辞めて、
利益を生み出す経済行為=「ビジネス」を意識しましょう。

だって、ダブルワークで売っている
その商品(自分の時間)は限りがありますから。

20141212174724804

(Visited 15 times, 1 visits today)

関連記事

  1. タスク管理・効率化

    「時間的自由」その本当の意味

    「時間的自由を得るために働いているのに、スケジュールがパンパン…

  2. 仕事のはなし

    解らない未来、意味の無い過去、それよりも認識できる現在

    ここ数週間、かなり肉体的にも精神的にもヘビーな事が重なった。既…

  3. 仕事のはなし

    最初の一歩が踏み出せない理由

    ≪なぜ、最初の一歩を踏み出せない人が多いのか≫という話。&…

  4. 仕事のはなし

    人生なんて成功への下り坂

    何を始めるにしても≪最初の一歩≫が踏み出せない人意外に多いと思いま…

  5. 仕事のはなし

    仕事は自分で仕切り、作業は他者に任せる

    『仕事&作業』。この二つを勘違いしている人が、あまりにも多い。…

  6. WORK

    「パレートの法則」:富は不均衝に集中する

    イタリアの経済学者パレートさんが発表した法則。≪富は不均衝…

PAGE TOP