力学思考

プロローグ:力学思考の解説を始めます

私の仕事は、複数の個人事業主様や法人様の業績アップを「小資金」で
「目指す成果」を「苦労することなく」達成する、そんなお手伝いをする事でした。

これは裏ワザでもなければ違法な事もしていません。
よくよく説明すればみなさん「なるほど!」とか「そりゃそうだよね!」と
納得してもらえる手法でしかありません。

この方法は参入市場に対して後発組でもまったく問題ありません
むしろ、後発であればあるほど有利とも言えます。
さらに、最初の予算(イニシャルコスト)もそれほど必要はありません

説明しよう
ビジネスというのは「投資金額にレバレッジをかけ、何倍にして回収するか」という仕組みです。資金は多ければ多いほど得られる成果が大きくなるのは確か。
最初の予算が0では、いくら掛けても0。しかし、力学思考ではその常識をテクニックで越えることが可能だと考えています。

 

たとえば、目標とする成果が向こうから勝手にやって来るとしたら?
あなたは疑いますか?

今回の方法は、自分から追いかける戦略ではなく、
成果をこちらに寄せてくる感覚です。
その結果、人的、時間的、金銭的ロスが最小限で済むわけです。

ロスが最小限ということは、仮に失敗しても経営を圧迫する可能性も少ないし、
次に向けてスタートを切る余力も残します。

長い間修正を繰り返し、弱者最強の武器であり、
端的な一つの方法論ではありません。

元となる思考法をベースとして総合的に構築する考え方、
それが「力学思考」です。

(Visited 1 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 力学思考

    基礎3:影響力と力の三要素

    力とは「影響力」のこと力学と言うのは、<ある物体に働く、力と運…

  2. 力学思考

    後発だからこそライバルとの差別化が容易になる

    「ブルーオーシャン」という言葉をよく耳にします。まだ誰も手…

  3. 力学思考

    弱者が交渉を成功させる2つのポイント

    商談やプレゼンをする場合に、その成功率をアップさせる2つの簡単…

  4. 力学思考

    基礎1:マーケティングと仕組みの関係

    「力学思考」というのはオリジナルの考え方をベースにした、弱…

  5. 力学思考

    観察期。変化は連鎖するので現実の推測はしても未来の想像はしない

    力学思考でバランスを変える場合、まずは現在の状況を適切に把握す…

  6. 力学思考

    他人の力を借りてでも、合計達成率を100%にして信頼を得る

    常に100%の力で100%の成功を目指すのは悪い事ではないし、…

PAGE TOP