力学思考・テクニック

イライラするときは、バランスを崩せ

人間、生きていればビジネスでも私生活でもイライラする事が多々ある。
そして、そんな小さなことにイライラする自分に、これまた嫌気がさす。

イライラするなと言っても無理。
ではどうするか?

結局、イライラという現象は、
「自分が望む結果を得られないとき」という条件下で起こります。

この減少を回避するには、
<自分><望む結果><得られない>という3要素のうち
どれか一つのバランスを崩せばいい。

 

<自分>

これはもう、自分自身の問題なので他人には置き換えられない。

<得られない>

通常のパワーポイントはここ。「なぜできない!!」とかイライラする。
でも、これが出来るように変えてしまえば、そりゃ簡単だ。イライラしない。
でもそう簡単ではない。

であれば

<望む結果>

このバランスを崩すしかない。

それがベストだとは言わない。
でも消去法で行くと、それしか残らない。

ということは、とるべき策は、
過剰な結果を望まない
ということ。

 

過剰な結果を望むべからず。

(Visited 10 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 力学思考・テクニック

    力学思考:力学思考型マーケティングとは何か

    そもそも力学を知らないで「力学思考」は語れませんので、簡単に説…

  2. 力学思考・テクニック

    「あたりまえ」を壊せば利益が生まれる

    成熟期で燃え、衰退期で狂喜乱舞。先日、ミーティング中に…

  3. 力学思考・テクニック

    力学思考:力学思考の解説を始めよう

    私の仕事は、複数の個人事業主様や法人様の業績アップを「小資金」…

  4. 力学思考・テクニック

    力学思考:商品を売らないことで感情のベクトルを引き寄せる

    お客様というのは、どんどん押していくと、それに合わせて引いてい…

  5. 力学思考・テクニック

    後発だからこそライバルとの差別化が容易になる

    「ブルーオーシャン」という言葉をよく耳にします。まだ誰も手…

  6. 力学思考・テクニック

    観察期。変化は連鎖するので現実の推測はしても未来の想像はしない

    力学思考でバランスを変える場合、まずは現在の状況を適切に把握す…

PAGE TOP