WORK

相手との距離を縮める「バーナム効果」

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a0%e5%8a%b9%e6%9e%9c

人は自分の内面にズカズカ入り込まれるのを嫌う。

反面、”実は本当の自分を理解してほしい”という潜在的欲求があるのも事実。

今回は、その真理を利用して相手とのポジションを縮めるテクニック。

 

性格診断や占いを思い出してほしい。

「全部が当てはまる訳では無いけど、結構あたってる!」

と思ったことはないだろうか?

これが実はバーナム効果。

 

一般的に人間は、性格診断や占いの答えを

自分に向けた固有のものとして誤認する。

 

『あなたは仕事でもプライベートでも、人に言えない悩みがありますね』

といった、ごく当たり前の指摘ですら

”自分に向けたもの”と思い込む傾向があります。

 

自分に向けた固有の指摘だと勝手に認識しているので、

“なんでこの人は私の事を理解できるのだろうか?”

勝手に心の距離を縮めてきて、二人のポジションが近づきます。

 

 

このバーナム効果、前出のようにごく当たり前の指摘も効果的だが

そればかりでは会話の広がりが無くなってしまう。

 

そこで、”あたりまえ”意外の指摘するバリエーションとして

“相反する両極端な指摘を同時に伝える”というテクニックがある。

 

『すごく明るくて元気に見えますが、実は内面は寂しがりですね』とか

『社交的でいらっしゃいますが、それは繊細さの裏返しですよね』など。

 

表面的に見えることもなく、自分ですら明確な答えの見えない

“性格”という箇所を指摘するのがポイントで、

どちらかに当てはまるような”二面性”を伝えるのが重要。

 

バーナム効果によって、相手は無意識のうちに

自分に当てはまる方だけを認識しようとします。

 

その結果、『なぜこの人は私の内面までわかるの?』

心を見透かされたような感覚に陥り、

知らず知らずのうちに気持ちの距離感を近づけてくれます。

 

 

外れたとしても関係ない。

自信満々で指摘する事でバーナム効果が働きます。その結果、

『この人は私も気づいてない、本当の内面に気づいてくれているんだ』

また勝手に良い方向に誤認します。

 

自信をもって、当たり前な性格診断や

二面性を持った表現で、相手の性格について触れてみてください。

 

それだけで、二人のポジションが勝手に近くなり

今後の交渉が楽に進むでしょう。

(Visited 8 times, 1 visits today)

関連記事

  1. WORK

    「トリプルメディア構想」というフレーミングを用いた、メディア戦略

    「マルチマーケティング」「フルマーケティング」「クロスメディア…

  2. ウェブ戦略

    ビジネスブログに日記は必要か

    最近、質問も多く頂くようになってきた≪ビジネスブログに日記…

  3. タスク管理・効率化

    「タイムレート」を考えて、自分の時間価値を測る方法

    「為替レート」というものがあります。≪1ドル117円6…

  4. ウェブ戦略

    自分のサイトを平均14ページ 観覧してもらう方法

    あなたは、ちゃんとアクセス解析してますか?と言っても「…

  5. WORK

    「ハイボールテクニック」:値引き交渉にも使える交渉術

    うちの奥さんは、家電量販店などでの値引き交渉が苦手です。絶…

  6. 仕事のはなし

    基本は隙間を見つけること

    私のススメる「BB戦略」は、「弱者のマーケティング」です。…

PAGE TOP