仕事のはなし

プロフェッショナルにおける正当な評価と正当な対価、そして100%全力の仕事

231h

ビジネスでお金を頂くためには、等価交換で何かを差し出す必要がある
これは基本中の基本で鉄則です。

逆もまたしかり。

プロである以上、提供した何かの対価を等価交換で求めて当然
それは決して意地汚い訳ではなく、銭ゲバでもなく、プロであれば当然の事。

転じて、
自信を持ってお金を頂くだけの「満足」を提供する責任がそこに発生する。
プロであれば責任を背負って仕事をすること。
そしてその対価として、正当な報酬を受け取る事。

商品価格というものは、その商品の価値を表します。
人間も同じ。
自分自身の価値というのは金額で測るしかありません。

商品価格は「お客様がその商品を手にするために出しても良い金額」です。
自分の対価も同じこと。
「相手が自分の助けを借りたいときに、幾らまで出していいか」という指針。

よく、無料で仕事をしてしまうプロを見かけます。
「まずは私の仕事を見てください」「その後で評価してください」
これも一つの方法であるかもしれません。

ですが、あまり推奨できない。
プロである以上、正当な仕事をして正当な評価を得ること。

無料で請け負うあなた、無料で提供した仕事。
きっと相手の期待値はどちらも「無料レベル」です。

無料で提供する事でハードルを下げて、
成果でそのハードルを大きく超えれば、そのギャップが感動を生む。
それは力学思考として正解です。

商品やサービスを提供するときにその方法を活用する事は多々あります。
しかし、そこまで自分自身を下げる必要はありません。

自分自身の正当な評価額というのは
いまのあなたに対する査定価格です。
つまり、今のあなた100%の金額な訳。

手を抜くのではない。
100%の正当な報酬をもらう為には、
100%の全力で仕事をしていかなくてはならない。

常に全力。
その為に、正当な評価報酬を貰うべき。

フリーランスほど、ここは徹底した方がいいと思います。

一度「無料で働いてくれる都合のいい人」
とい評価がついてしまうと、知らず知らずのうちに
他人は甘えて、そこから抜け出してくれなくなりますからね。

(Visited 24 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 仕事のはなし

    本当のノウハウは他にある

    ブログでノウハウを出しすぎてる人が多いと思いませんか?…

  2. 仕事のはなし

    人を感動させるには「あたりまえ」の事を「あたりまえ」にこなす事が大切。

    しょせん全ては「あたりまえ」なんですね。あたりまえの事…

  3. 仕事のはなし

    すべてはその繰り返し

    この人のために何かしてあげたい。そんな想いは、必ず相手の心に伝わり…

  4. 仕事のはなし

    相手に文句を言うよりも自分が成長すればいい

    ビジネスをしてればムカつくこともある。ただ、それを発散した…

  5. 仕事のはなし

    無能な働き者には価値が無い

    ドイツ軍を再建したとされる当時の参謀総長(最終的には上級大将)であ…

  6. 仕事のはなし

    イイヒトって思われたいの?なんで?

    なんか、違うんだよねぇ。そんなにみんなと仲良しゴッコがしたいの…

PAGE TOP