仕事のはなし

悔しかったら勝てばいい

昔から自分の座右の銘の一つでもある、
「悔しかったら勝てばいい」

どんなに悔しい思いをしても
それを「悔しい」と感じた時点で、それは現実となる。

現実を受け入れなければ、悔しさも感じないが
自分自身の成長もあり得ない。

成長するためには、現実を真摯に受け止める必要がある。
つまり、成長するためには「悔しさ」がついてまわる。

それが嫌ならば、勝てばいい。

敵に勝つことも必要。
でもそれ以上に、自分に勝つことが重要。

本当の敵は、自分の中にいる。

自分の中にいる「甘え」に打ち勝つことが出来れば、
その先には「悔しさ」の払拭にもなる。

自分自身に打ち勝つことが出来れば、
結果的に勝負に負けたとしても納得できるはず。

それが「成長」。

成長するためには、
完全燃焼で勝負を挑むしかない。

それも自分自身の内なる敵にね。

lgf01a201312250100

(Visited 9 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 仕事のはなし

    プロフェッショナルにおける正当な評価と正当な対価、そして100%全力の仕事

    ビジネスでお金を頂くためには、等価交換で何かを差し出す必要があ…

  2. 仕事のはなし

    「成約率30%」とは100人中7割のお客様に逃げられた哀れな結果と認識すべき。

    あるクライアントさんら自社ホームページの成約率アップについて相…

  3. 仕事のはなし

    あなたの好みが正解とは限らない。

    プロフェッショナルとは、自分を信じる心が大事です。まずは自…

  4. 仕事のはなし

    解らない未来、意味の無い過去、それよりも認識できる現在

    ここ数週間、かなり肉体的にも精神的にもヘビーな事が重なった。既…

  5. 仕事のはなし

    あたりまえの事を、あたりまえに。

    所詮、全ては「あたりまえ」なんですね。あたりまえの事を、あたり…

PAGE TOP