『マルチ ホットサンド ウィッチ メーカーⅡ』:TULSA TIMEとテンマクデザインのコラボ商品を使ってみた感想

ホットサンドメーカー導入♪


TULSA TIMEとテンマクデザインのコラボ商品「マルチ ホットサンド ウィッチ メーカーⅡ」が届いたので、さっそく会社の屋上でランチテスト。

 

セット内容は、28㎜の一番深いクッカー

 

18㎜の浅めのクッカー

 

それに、フタ部分。

 

全部で3点セット。材質はアルミ合金のフッ素加工で取手は天然木だそうです。

 

あ、収納袋もついてました。麻っぽい感じがたまりません。

 

中は、サイズ別に収納できるように3層にわかれてます。

 

道具のコンパクト化計画(?)の一環として、深いクッカーは、スキレットの代わりに。浅いクッカーはフライパンの代わりになるかな?と。深いクッカーとフタをセットすれば、一人分のプチ煮込み料理もできるかな^^♪

でも今日は炒めキャベツのホットサンドを作りました。
まずは、マヨネーズで大量のキャベツを炒めます。

 

食パンにバターを塗って、ベーコン、チーズ、そして炒めキャベツを投入。

 

最後に同じセットを並べてまた食パンを乗せたらこんなボリュームにw それでも深いクッカーなので問題なしなのです。

 

タルサデザインのさりげない主張^^

 

焼き上がりに浮かぶ『「ホッ」とリラックスできる「マルほ」の焼印』が、これまた可愛いw

 

もちろん、スキレットにはスキレットの良さもありますし小鍋には小鍋の便利さもあるけど、

これだけ持ってソロキャンも楽しそうだなぁ。。。
SOEDA
SOEDA

と一人妄想した昼休みでした。

コメントを残す