自分でゴルフクラブのグリップを交換する方法

元から使ってるクラブ、新品のクラブ、中古で買ったクラブ。
バラバラに集まって来たクラブたちなので、グリップがバラバラである。

どうも感触がマチマチなのが嫌で、グリップを交換しようと思った。
で、お金かければできるけどもどうぜなら自分でやってみようと。
これも楽しみだよね。

 

交換したいグリップを用意

グリップにはシャフトの系によってサイズが違うものもあり、
バックラインのあり無しなど様々。

出来れば、ショップなどで触り心地を試したり
入念に調べたほうがいいかもしれません。

 

専用のキットを買った

調べてみたら、色々な道具を流用出来そうだったんだけども、
はじめてなので慎重に専用のキットをAmazonで購入。

 

専用カッターも用意

グリップを切るための専用カッターもアマゾンで購入。

ただこちら、元内装工事の職人だった私からみたら
決してグリップ交換専用工具ではないんだけどねぇ。。。まぁいいか。

安全にグリップをカットするためには、いいチョイスですね。

 

まずはグリップを割く

専用カッターを使って、古いグリップを縦に割きます。

この時、奥から手前に動かすと怪我をする恐れがあるので
必ず手前から奥に向かってカッターを動かすように使いましょう。

 

掃除

古いグリップをむしり取ると、中から古い両面テープが出てくると思います。
これを専用キットに入っていたスプレーで綺麗に落とします。
※ペイント薄め液やシンナーでも代用可能。

 

両面テープを貼る

グリップの長さより少し短い位置まで両面テープを貼ります。
縦に往復で貼る方法と、グルグル巻きつける方法があります。

どちらにせよ、シャフトエンドから水分が入らないように
両面テープできっちり塞ぐようにしましょう。

テープが重なって段差になると、意外に握った時に感触で解るので
ここは綺麗に貼りたいところ。

 

スプレーをかけてグリップを挿入

両面テープの紙を剥がしたら、そこにうっすら専用スプレーを吹きかけます。
これをやらないとグリップが滑らなくて入っていかないので。

あ、先にグリップの中にスプレーを吹きかけて
その余りをシャフトに垂らしてやると無駄がなく使えます。

 

しっかり押し込んだらヨジレ補正

グリップを置くまで入れます。床に向かって体重をかけると奥まで入りやすいです。

その後、フェースの向きを垂直に保ち、グリップのよじれを修正します。
(理想は、フェース面とグリップのセンターが平行になるように、

 

完成

あとは、指定時間乾かしたら完成です。
すっぽ抜ける可能性もあるので、24時間はおいたほうが無難かと思います。

 

これで、余計な費用をかけずに好きなグリップに交換できますね^^