食べたり 遊んだり その他いろいろ

尊敬する冒険家から遺品の形見分け

世界6大陸の最高峰へ単独・無酸素登頂に挑戦し続けて、
2018年5月25日に帰らぬ人となった登山家の栗城史多氏。
彼の遺品の形見分けが届いた(泣)

遠征前に栗城君本人が買ってきて、最後のエベレストでも使っていた
トレッキングシューズ。汚れもそのままに。

 

無謀とか素人登山家とか色々と言われてたけど、
何も知らないクソ批評なんざどうでも良くてね。

遥か先にあった本当の夢の実現に向けてどれだけ頑張ってたか、
そのためにどれだけ自分を犠牲にしてきたか。
そしてそれをみてどれだけの人が勇気づけられてきたか。

自分の名声なんかじゃなく、
誰かの力になりたくて頑張ってたのを知ってるからね。

落ち込んだ時にはこのシューズに話しかけて、
勇気を貰う事にしよう。

この記事を書いたのは、


添田真人(MASATO SOEDA)

ゴルフとサウナとプロレス&格闘技をこよなく愛し、好奇心が劣化しないままアラフィフに突入した放浪癖のB級雑食家、起業家、投資家。

Twitter

新着記事をメールでお知らせ

72人の購読者に加わりましょう

過去の記事

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930