我慢できなくてグリップを交換

先日、自分でグリップの交換方法を学んだ。

その後、リアル使用のクラブも全てグリップを交換した。
全てお気に入りのグリップだったはず。。。だったが
正直に言って、見た目で選んで失敗しました(笑)

 

とにかくコースで、白いグリップがカッコよく見えて。
試打もせずに「Golfprideさんだし、ツアー使用率No1っていうし」なんて
安直な理由で選んだ『VDRubber』の白。

もちろん、悪いグリップなんかではない。むしろ安くない方だw
ただ、自分には合わなかったっということ。

私的な好みとして、パワーがありすぎるせいかクラブがすっぽ抜ける恐怖心が
常に付きまとってスイングをしている。(抜けないと思うけど)

それと、人よりも若干手が大きいために、より一層抜けそうで降れないのだ。

今回のクラブ新調で、シャフトを「X」に変えて
アイアンのヘッドも重め目のものになったからか、より一層抜けそうな恐怖が。

それが気になって気になって、思い切り振れないのです(泣)

 

悩んだ末

このまま気になって、ストレスを我慢したままゴルフを続けるとしたら
それこそプレーがつまらなくなってしまう。。。という事で
思い切って変える事にしました。

 

向かった先は、いつもの「GOLF5」さん。

 

そして、今回はがっつり時間をかけて握り具合や太さを吟味しました。

最終的には(本当は色は気に入らなかったんだけども)満足のいくやつに遭遇。
このグリップを採用しました^^

同じくGolfprideさんの「CPS Wrap」ミッドサイズのブルー。

色味は赤い方が好みだったんだけども、握った感触が最高だった。
赤い方と青い方は表面処理が微妙に違う。好みはどうしても青い方だった。

 

ということで、ウッド2本、アイアン9本、練習用のショートアイアン1本。
合計12本のグリップを一気に交換依頼をしてきました。

ん?自分で出来るのにって?

確かにそうなんだけども、忙しかったのと
今回ばかりは完璧に仕上げたかったので、プロにお願いする事にしました。

 

仕上がりは約1週間後の予定。
これは、楽しみで仕方ない。