食べたり 遊んだり その他いろいろ

『タイトリスト ボーケイ SM8』PWを捨ててウェッジマスターになると決めた日

結局のところゴルフはアプローチが命だと思う訳で。
前のコーチの元でレッスンしている時から
なんとなくアプローチは得意だった気がする。

そこで「アプローチマスター」を目指すべく
クラブの編成を少し変えた。

SWを捨て、PWを捨て、
ウェッジ3本体制でいく。

 

今回選んだのが、タイトリストの『ボーケイ SM8』
色は、憧れだったジェット ブラック一択です。

肝心の角度だけども、色々と悩んだ末。。。

46-10F、52-08F、58-10S の3種類をチョイス。

シャフトはお気に入りのダイナミックゴールドの X100 US。

この編成でアプローチマスターを目指すのです。

この記事を書いたのは、


添田真人(MASATO SOEDA)

ゴルフとサウナとプロレス&格闘技をこよなく愛し、好奇心が劣化しないままアラフィフに突入した放浪癖のB級雑食家、起業家、投資家。

Twitter

新着記事をメールでお知らせ

72人の購読者に加わりましょう

過去の記事

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31